Webページ、高いすか?

間取りつき物件詳細ページ。
1物件につき2,000円という価格は、高いでしょうか。

5 thoughts on “Webページ、高いすか?

  1. さえ より:

    おだんごちゃん高くはないですよ。
    でも、物件そのものが流動的だから毎月更新していったらずいぶんなコストになるとお考えになったのではないかしら?

    図面だけ、簡単にできるソフトを組み込んで不動産屋が好きに更新できるシステムとして売った方がよかったのではないかしら?

    私の方でも、教室の募集HPを友達に作ってもらったんだけど、1年間メンテ付きで20万にしてさ、納得だったんだけど、
    後で依頼主から「何人来たらペイできるんやろう」なんて言われて、そういった問題じゃないでしょと思ったんだけど・・・

    価格表と営業マンは必要な仕事かもね。

  2. Showmone より:

    さえちゃん、ありがとう。

    好きに更新できるようにするのはいい考え!
    もともと作ってらしたのだもの!
    追加する方法、間取りの作り方をお伝えすれば、更新をお続けになるかと思います。

    > 何人来たらペイできるんやろう

    つらいところだね。ものの値段って難しい。
    技術と時間を提供する側からはそういった問題じゃないんだけれど、
    払う側からすれば、「経営」を考えなくちゃいけない。

     ***

    お客さまが「小技」など求めていないのであれば、自己満足の押し売りでしかない。
    でも、自分は今さらCSSを使わないページを作るわけにいかない。

    最初にどれだけお客さまとコミュニケーションできるかが大事なポイントだな。
    自己満足が目的ではなく、お客さまのご満足が目的。
    (言い訳したい事情も多々あれど)反省点はさらにてんこもりです。

    まさしく価格表と営業マン。

     ***

    奥さんが不動産業を、
    一時的に、
    ピンチヒッターでなされているのです。

    ご自身がもともとやっていらした仕事をやめずに!
    そのパワーに圧倒されます、とてもエネルギッシュな方です。

    ものすごく奥さんはお忙しい、
    でも、
    それでも!
    「価格表と営業マン」は責務。

    スピーディに!
    明確に!

  3. Showmone より:

    今、奥さんとお話をし、残りの図面も作らせていただけることになりました!
    ありがとうございます!
    わたしの説明の不備、言葉の使い方について、あまたのご指導、ご指摘をいただきましたこと、感謝します。

    さて。がんばるぞ!

    追記

    時間がないので、4枚はスキャナで読み込みました。
    行き違いのないように、
    そうした状況をつぶさに電話でお伝えしております。

    以下は、お客さまにお伝えしていない部分です。

    • CSSと、テンプレートを、ほぼ一から書きました。
    • 間取りを2枚、一から書きました。
    • IE5.5~7、Firefox、Opera、Safariで動作確認しました。
    • html の採点サイトで、「よくできました」になるまで直しました。

    それらすべてひっくるめて、12,000円。
    おわび価格です。

    お客さまから、1週間くらい前、かな、
    「間取りがなくなったけど、どうしたの!」
    というお電話をいただいたとき、
    「詳細のところをクリックしていただいたら、ご覧いただけます」
    と、お答えしたのですが、
    わたしの声はとがっていたかもしれません。

    「今はパソコンがそばにないから見られない」
    とおっしゃるので
    「見えるときにお電話いただけますか?」
    とお伝えしたのですが、その声はさらにツンケンしていたことでしょう。

    そこから ”はじまった” のでしょうね。

    去年の12月、ご依頼をいただいたとき、お客さまは、
    「わたしははっきりしているのが好きなの。
    だから、きつく感じられるかもしれないけれど、気にしないでね」
    と、おっしゃいました。
    「先生もはっきりしているから、気に入ったわ」
    と、言ってくださいました。

    ですが。
    同等にはっきり言ってはイケナイのでした。
    ばかですねー、わたしときたら。
    小さな脳ミソが、わたしの頭の中で、カラコロ音をたてているようです。

    本当に申し訳ございません。
    以後気をつけます。

  4. さえ より:

    おだんごちゃん良かったね。
    作りかけたページが日の目を見ないのは作り手としては寂しいものです。
    完成できてアップされて、いつか良かったなぁってお客様に思っていただけたら
    次につながりますよ。

  5. Showmone より:

    さえちゃんありがとう。

    その3行。
    本当に本当に、涙が出るほどそのとおり。

     ***

    「相手のお気持ちになる」、というのはとても難しいです。
    同じ言葉が、癒しにもなり、刃にもなる。

    謙虚でいよう。

    もしもわたしの説明が生徒さんに伝わらなかったら、至らないのはわたし。
    わたしの側で工夫し、努力すれば、必ず伝わる。
    経験を重ねるたび、それはますます真実の光を帯びている。

    それと同じで、
    もしもわたしの言葉がお相手を不快にさせたとしたなら、至らないのはわたし。
    わたしの側で反省し、努力すれば、必ずいつか、こんな自分でも受け入れていただける。
    土台のわたしが相当な欠陥品ゆえ、遠い道のりではあるけれど。

    他人のせいにしない。
    他人を恨まない。

    己に厳しい目を向け、
    お相手のお気持ちに沿えるように、心を純白に洗濯しよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください