舞台でパフォーマンスをする文字たち!

※2006年に利用していたサイト「Flashめぇかぁ~(ひつじからす)」より転載しています。
※GIFアニメーションに変換しているものは、自動再生のみで、クリックで画面が変わる機能はありません。(〃)

Flashで作成したものをキャプチャして、GIFアニメーションに変換しています

Flashで作成したものをキャプチャして、GIFアニメーションに変換しています

※ 舞台の袖から登場してくる動きが、コミカル。登場してからも、ポーズをとり続けます。
※ ホンモノは、ボタンをクリックすると、「move」指定のパネルが登場し、「hide」指定のパネルが退場しますが、ブラウザやその設定などにより再生できません。

動くまで

  1. FlashKit.comからFlashファイルをダウンロード
    Flash Kitというサイトからダウンロードしたたたき台

    Flash Kitというサイトからダウンロードしたたたき台

  2. 文字パーツを考える
  3. 動きをつける
  4. 装飾する
    • ボタン:Flash CS5 の[ライブラリ]より
    • 舞台の背景:Illustrator CS4の[パターン(ニット)]で色を編集
    • 枠とフサ人形劇の舞台を参考に、Illustratorにて
    • きつねとパン:Illustratorにて。パソコン:Photoshopにて
    • 枠の花:Free-Styleの、「小さめの 『 お花 』 と 『 つる 』 のベクター飾り罫」を、枠の形状に合わせてアレンジ
    • 文字パネルのフォント:えれ~な。(分解→ムービークリップ→ドロップシャドー)

苦労したこと

  • 文字パーツ(14種類、20個)を生かして、どのように日本語にするか
  • 文字パーツの名称を変えたり増やしたりするには、煩雑なプログラムを読み解かなくてはならない。なので、アルファベットを日本語に無理やり置き換えた。それはそれで、頭の中が大混乱。「C」は「コ」で「S」は「で」。で、あれ?「す」は何だっけ?という感じ。
  • 登場させるパーツ、待機させるパーツを、プログラムに書き入れるのが大変だった。
    「コレとコレは画面に登場させたので、待機させるパーツの中からは除いてぇ~、
    登場が9コなので、待機は11コで、えっと、1,2,3,4・・・OK!」
    という感じ。すべてのパーツが、どこかしらにいないと動かない。
  • そんな感じで、できあがり!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください