パソコンレスキュー

「電源が入らない」
との夫からのSOSを受け、リビングのパソコンを見てみました。
リビングのパソコンは、6年前に自作したものです。

スイッチを入れてみたところ、ウンともスンとも言わず、ランプも点灯しません。
すべてのケーブルを抜いて、しばらく放電。
その後、ケーブルを差したところ、一回だけOSが起動しましたが、それを最期に、
ランプは点灯するものの、二度と、BIOS画面すら見ることはできなくなりました。

ACケーブル、モニター、メモリー、CPU、ビデオカードを、
それぞれ手持ちのパーツと交換してみましたが、改善せず。

CPUとは久しぶりに対面しました。
CPUの上に乗っているファン(扇風機)のカバーの爪(4か所)をはずすのが大変でした。

あれやこれやと力尽きたので、これ以上は、専門店の力を借りることにします。
せっかくだから、3台まとめて持っていくべ。
母(※1)のパソコン、夫のパソコン、そして、教室のレノボ君(※2)。

専門店の<元気なパーツ>と交換してみれば、
どのパーツが原因かがはっきりするべ。
はっきりしたら、パーツを購入するべし。

母のパソコン(※1)

今回交換してみたパーツのうち、CPU、ビデオカードは、母のマシンのもの。
リビングのパソコンと同じ日に生まれた、双子の自作マシンなのですが、
「壊れたからノートパソコン買った。もういらない」
と母から言われて、持ち帰ってきたデモドリちゃん。

母のパソコンは、何が原因で故障したのか、不明のまま。
「壊れた」というその現状すら、未確認。(ダメじゃん)
そんなパソコンのパーツで交換してみたところで、きちんとした確認はできんなぁ~。

教室のレノボ君(※2)

中古で買ってきた、教室の、IBM lenovo
故障を放置して、半年以上?1年近く?経過しています。

修理に出してしまえれば、これほど楽なことはないのですが、
自分の力で何とかすべき、というシバリがしんどいです。

4 thoughts on “パソコンレスキュー

  1. KEME より:

    レノボ・・・いい響きだわ。がんばれ~~~~。持ちたいと思いつつ接点がありません。

  2. Showmone より:

    レノボ、いい響きでしょう!?
    デスクトップパソコンなのだけれど、両親指でボタンを押さえるだけで、
    それだけで本体がパカっと開くのよ。
    ハードディスクをはずすのも、かーんたん。

    中古屋さんに行くと、業務用に使われていた子たちがズラズラ~っと並んでいます。

     ***

    夫が休みになったら、一緒にPCラボに行ってきます。

  3. KEME より:

    レノボ=ThinkPadでもないのかな~~。あのノートの赤いポッチのくるくる・・1台ほしいなぁと思い続けて、10年近くのなるのかも。値段もずいぶん安いのもあるんですね。すごく高いイメージだけれど。

    一緒にデジデジもん、見に行くとおもしろいよね。
    うちの旦那さんは、液晶を買い替えるタイプです。
    玄関にまたでかい箱が届いています。何をいれているのかしらないけれど、HDの裸族かなんかが、団地になっています。
    のぞくのも怖い~~~。

    今は、例の?ソーラー型のUSB充電のかわいいのを探しています。ふとお店でみつけるとうれしいけどなぁ。

  4. Showmone より:

    ThinkPadの赤いポッチのくるくる。いいよね。

    PCラボじゃなくて、PCデポだった、間違えた。近くにできたのだ。

    ノートパソコンの液晶を買ってきて自分で取り換えるのかしら。
    ハードディスクの裸族って。わはは。はじめて聞いた用語だけどおもしろいから使おうっと。
    うちにもあるわ。3個くらい裸の子が。団地はすごいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください