Na2CO3生活 レポートその2

重曹熱分解水(Na2CO3)を自家製で作り、スプレー容器に入れ愛用続けて、まもなくひと月です。

  • 人間用のシャンプーは、Na2CO3(重曹熱分解水)では強すぎるかも。
    一昨日くらいから、(リンスをしても)髪がギシギシしてきました。
    シャンプーは、NaHCO3(重曹を水で溶かすだけ)を使う方がいいかもしれません。
    ネットで調べると、重曹シャンプーレシピがあります。
  • 足が疲れたときなど、足の裏にサロンパス類を貼るのですが、
    はがれやすいです。
    はがれないよう、何度も念入りに石けんで洗うなど工夫していました。
    そんなあなたに<重曹熱分解水>!?
    はがすとき、<皮膚>も一緒にはがれてしまうほど、しっかり貼りつきます。(要注意!)

肌に直接使うには、重曹熱分解水は少々強いかもしれません。
髪には使用をストップし、重曹(NaHCO3)(コレ)に変更します。
髪以外の皮膚(顔含む)については、引き続き、<人体実験>を続けます。
掃除、食器洗いも、続けます。

One thought on “Na2CO3生活 レポートその2

  1. Showmone より:

    真っ白な食器棚。(購入してから25年)
    ここ最近、コーティングが落ちてきたせいか、紅茶のしみなどが落ちない。
    ネットで調べて、重曹と粉末酸素系漂白剤と水少々を混ぜ、こすってみたところきれいになった。(やった!)

    その後のレポート
    1. いつの間にか「かかと」がすべすべ。(重曹熱分解水(Na2CO3)のせい?)
    2. 髪だけでなく、身体も重曹(NaHCO3)(+ハチミツ)で洗うことにした。
      肌がボロボロになってから、結果を報告するのもアホかと。
    3. 重曹熱分解水(Na2CO3)よりも重曹(NaHCO3)の方が、目にしみる。
      濃度が薄ければ(水で40倍程度に希釈)いずれもほとんど目にしみない。
      (重曹小さじ1+水カップ1:スプレー用の濃度)
    ハチミツ重曹(ボディソープ兼シャンプー)の作り方
    1. ボールに重曹とハチミツを入れる(量は適当)
    2. よく混ぜて、フタつき容器で保存
      (数日で使いきれる量であれば、浴室で保管していいかも?)
    3. 使用するたびに、別容器にスプーンで山盛り入れ、水をたっぷり加えて混ぜる
      サラサラになる程度に水を加えているが、量は適当

    はじめは、このサイトを参考に作っていたが、重曹の減り方が半端ない。
    重曹熱分解水スプレーなら、たっぷり長く使えるのにな。
    ということで大幅に薄めてみた。
    今のところ問題ナシ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください