毎日捨ててキープしているのに

毎日捨てて捨てて、掃除して掃除して
<きれいをキープ>している。

「峠の釜飯」の容器と、それから
オーブンレンジの黒いテフロン加工の天板2枚(レンジはすでにない)。
「何かになるかなぁ~?」
と考えていた。

検索したら、「峠の釜飯」は1合炊きや植木鉢に使えるようだったが、
ご飯が炊けるまでつききり、などなど、大変そう。で、廃棄決定。
黒い天板2枚。こちらはどうしよう?
さびないし、重いし、丈夫だし。

そこにいた夫に
「これ何かになるかな?」
と聞いたところ
「捨てろよ。そんなことして取っておくからゴミだらけになるんだろ」
と言う。
「そんな言い方ないじゃん。毎日こんなに捨てているのに」
と言うと、
「どうせまたゴミだらけになるんだろ」
と。

なんじゃ?その<呪いの予言>の<連打>は。(笑)

もし同じことをされたらどうよ?
自分の<痛いところ>をそんなふうに責められたら、どうよ?
オラよりはるかに弱虫(デリケート)なんだからさ。

オラはもっと、器をでかくして、
心臓の剛毛を育てよう。
回りのみなさま方、どちらさまも、デリケートなんじゃ。

(風の谷の)ナウシカが迷子のキツネリスに語りかけたように
自分に言ってやろう。
「ほら。だいじょうぶ。怖くない。掃除を続けなさい」

続けることが、強さとやさしさ。
相手(オラ)に傷を負わせてしまったと感じさせてしまうことで、
デリケートなみなさま方は、再び傷だらけになってしまう。

苦手なこと(掃除とかたづけ)を克服しつづけるのはタイヘンじゃ。
そんなこんなの日々でごじゃる。

4 thoughts on “毎日捨ててキープしているのに

  1. Showmone より:

    オラの<買い言葉>の中できつかったと思われるのは、
    「そういうのって、”サゲマン”やん!」
    です。夫さん、ごめんなさい。

    夜ご飯のときに、
    「これからもゴミ屋敷にならんようにがんばるだよ」
    と言いました。
    365日のうち、300日は無口な夫ですが、きょうはよく話をしていました。

    ふたりきりの家族ですけ、仲良くしますだ。

  2. Showmone より:

    翌朝(今朝)、
    「きのうはサゲマンだなんて言ってごめんなさい。
    人の弱いとこ、そんなふうに言ったらだめだよね」
    と夫に言ったところ、夫もゴメンと。

    仮にもかめきち先生の弟子だなんて、ゆるしもなくほざいておきながら
    同居人ひとりとすらうまくやっていかれなかったとしたら、
    肥溜めに10年埋まってろ、という感じです。

  3. KEME より:

    >峠の釜飯

    あるはずですが、どこかにうずもれ中

    おだんごちゃんところ、やっぱり2人なんや。
    うらやましいような~~。

  4. Showmone より:

    > うずもれ中

    うずもれますねぇ。ないと思って買うと出てくる。
    今回のプロジェクトで、同じものがあちらこちらから出てくる、出てくる。
    そうしたことが発生しないように、収納に時間をかけて工夫しています。

    「掃除用具一式」って感じで放り込んではダメだね。
    すぐに <うずもれる>。

    > 2人なんや

    そうなんじゃ。少なくとも今年度はふたりきり。
    来年になったら次男の校舎が東京に移り、帰ってくるカモ。

    > うらやましいような~~

    夜は夫が義母(姫)の家に、365日泊まりに行くので、ひとりぼっち。
    ひとりにやっと慣れました。

     ***

    きのう夫にビンのフタをあけてもらいました。
    ゴム手袋の裏技を使っても、硬くって。
    こういうときに男は役に立つ。

    「おお!すげー!」
    と言ったら
    「ありがとう、でしょ(笑)」
    と言うので、
    「ほぉ~。とっちゃん(夫)も、ごめんなさいって言えるようにがんばっていることだし、
    わたしも、ありがとうって言えるようにがんばろう」
    と、切りかえした。
    「だから、ありがとう、でしょ(笑)」

    「ありがとうございましたーーーっ」
    と叫びながら、オラはその場を去るのであった。

    ふたりきりの家族じゃけ、仲良くせねばな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください