お仕事の資料を生徒さんと一緒に作りました

今日のレッスンで、生徒さんのお仕事をお手伝い。ワードやエクセルを一緒に作成いたしました。
「こんなのを。。。」
とお見せいただいたのは、紙ベースの資料です。(以下は完成したものの一部)

日付の表

日付をひとつずつ入力するのは時間がかかります。
コピーペーストも骨が折れますし、ミスが生じます。

ここはエクセル君の出番かなー。

エクセルで日付を作成

  • 日付を入力し、曜日を表示させました。(セルの書式設定 → ユーザー定義 → m”月”d”日”(aaa) 
  • 2019年12月28日は土曜日ですねー(残念!)
  • さて。上の表と同じ金曜日になるのは何年だろう?
  • 12月28日(土) と入力されているセル。フィルハンドルで上へドラッグ
  • ドラッグした直後に表示される小さいボタン「オートフィルオプション」をクリックし、連続データ(年単位)をクリック
  • 火曜日発見!そのセルをクリックし、数式バーで確認すると、火曜日だったのは、2010年12月28日でした!
  • あらためて2010年12月28日を起点に1月4日までフィルハンドルでドラッグ
  • 「⇒ 平日」も右のセルに入力し、フィルハンドルでドラッグ
  • オートフィルオプションで年単位1月1日に「祝日」と入力
  • 2列8行のデータをコピーし、ワードに貼り付け(貼り付け設定は、「テキストのみ保持」で)
  • エクセルで2列に分かれていたため、いい塩梅にタブが入り、縦に揃いました!(成功)
  • 同様に右段の日付も作成して完成!
  • 今日はこの資料を含め、エクセル、ワード4点を、生徒さんと一緒に1時間弱で仕上げました\(^o^)/

ご職場で長年エクセル、ワードを使ってみえる生徒さんも、みなさま
「知らなかった。こんなことできるんだ。もっと早く教室に来ればよかった」
と喜んでくださいます。
「時給が100円上がった」「残業が減った」などの生徒さんもいらして、私もうれしいです。(^^)

※ ピンポイントでお教えしますので、ご不明な点、お困りのことをメモしてお越しくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください