第一回お泊り会 at お教室


 音声をテキストにしたもの

生徒さんのご要望で総動員された、お泊まり会の参加者きょうは小さな生徒さんの、第一回お泊まり会。
うちにあった小さなぬいぐるみ、大きなぬいぐるみ一式。
全員集合です。

はじめのあいさつ、注意事項など、自分で書いてきた「式次第」にもとづいて、
小さな生徒さんが取り仕切ってくれました。
「ケンカをしない、ふざけない、遊ばない・・・」(校長先生=サルのぬいぐるみ)
「え~!?遊ばない?(はははは)」(わたし)
「ははは!遊んでもいいです」(校長先生)

生徒さんによってグループ分けされた参加者その後、夜ごはんの会、花火大会と、お泊り会はつつがなく進行。
ぬいぐるみさんたちも、グループ分けされて、ケンカもせず、ヨクデキマシタ。

9時過ぎて、
「眠いですヨ~、むにゃむにゃ」
と、オラがアピール。

おやすみなさいの会のはじまりです。
教室にふた組、布団を敷き、パジャマに着替え、はみがきをし、「校長先生」のごあいさつを「みんな」で聞きました。

花火大会で活躍したロウソク。(リンゴとサンタさんは見る影もなく…)しかし、布団に横になったものの、
暑いですねぇ。
なかなか寝つけない。

「扇風機をこっちに」
というので、
「ふぅ~ん。ボクだけに向けてくださいってことですか?ふふふ」
「いえ、違います。ゴメンナサイ」
「そうよん。”みんな”いるからね~」

(しばらくしてから、”ボクだけ”にあたるように直しました)

狭い教室に無理やり布団を2組。次男の「かっこいい折りたたみベッド」は却下され、「先生と一緒!」ということになってしまいやしたので。それでもなかなか寝つけない。
もぞもぞと寝苦しくしている模様。
冷蔵庫からとっておきのアイスノンを持ってきました。

11時。
ようやく小さなお客さまはウゴカナクなりました。
寝顔がかわゆい。きゃは。

やれやれ、です。
ビール一杯いこうっかな。

2 thoughts on “第一回お泊り会 at お教室

  1. Showmone より:

    はじめてのお泊り会で、リラックスしているのが感じられ、
    冥利につきます。

    息子のお友だちや姪を泊めたとき、
    時計のチクタク鳴る音にも敏感に反応し、泣いてしまうなど、
    いずれのお子たちも、とても緊張していました。
    その頃は、わたし自身の緊張も伝えてしまっていたかと思います。

    生徒さんに、
    「眠れませんか?」
    と聞くと、小さい声で、
    「シー。他のお友だち(お人形)が寝ています」
    と、笑顔で注意をいただきました。

     ***

    翌朝、彼は目覚ましよりも早く起き、ふとんで座っていました。
    気がついて、
    「もう起きましょうか?」
    と聞くと、
    「シー。もうじき目覚ましが鳴りますよ^^」
    と。
    ダンタイコウドウ を守っている模様です。

    「おはようの会」のあと、布団をかたづけ、歯と顔を洗い・・・。

    重曹熱分解水スプレーを気に入っていただけたようです。
    目にしみないし、簡単だし、さっぱりしますよね。

    朝ごはんのあと、ベランダで水遊び。
    空き缶をいくつか持っていったところ、自分で工夫して並べたり積んだりし、
    ホースで撃ち落として遊んでいました。
    ホースには、オンオフノズルがついていて、便利です。

    「外や人に向けて発射しない」
    これは校長先生からのご注意です。

    次回は水着で。人に向けるのをOKにしよう。
    水鉄砲を100円ショップで2個。ゲットだな。

    7時半。
    お帰りの会。
    ふたたび教室にゼンイン集合です。

    校長先生のごあいさつのあと、
    「何が一番楽しかったですか?」
    と3人のお人形さんへのインタビュー。
    花火と朝の目覚ましが楽しかったそうです。
    生徒さんがインタビューし、声色を変えて自分で答えていました。
    これも、生徒さんが書いてきた式次第の通りの進行です。
    うふふ。

    かたづけをし、忘れ物の確認をし、8時に出発。
    おうちまで2~30分。
    一緒に歩いていきました。

    歩いて帰るのは彼のマイブーム。
    20回ほど、続いています。
    歩きながら、いろんなお話をします。
    一緒に見た映画の話など、楽しかったシーンを繰り返し、
    大笑いしながら話します。

     ***

    ちなみにこれは「授業」です。
    ボランティアではありません。
    週3回。1年、続いています。

  2. Showmone より:

    水鉄砲は、首から上に噴射してはイケマセン。
    校長先生のお約束でございます。
    (かめきっちゃん、ありがとう)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください