不動産業のデータベースを一から

生徒さんと一緒に、
不動産業のデータベース(Access)を一から作っています。

基礎と応用を教科書で学び、そのあとは実践。
実践については、生徒さんが宿題で構想していらしたものを、教室で一緒に考えます。

たとえば、
「エアコンなどの設備がいつからその部屋にあったか、というデータが必要なのですか?
だったら、ここ、物件テーブルの中には、そのデータを入れない方がいいですよ」
という感じ。

テーブルの数は、10前後になりそうです。
実際にデータを入れてみると、改善しなければならない部分が多々でてくるかと思います。
さて。いつ仕上がるかな。

2 thoughts on “不動産業のデータベースを一から

  1. かめきち より:

    Accessを説明するときに、不動産屋さんとか派遣会社を引き合いにしたことがあるのです。
    実際にデータを作るのは、いい経験になりそうですね。

    昔の条件には、セキュリティとか保険加入の義務とかあったけど
    やっぱり今後の入居条件検索用のマスターには、「地デジ」とかが入るんでしょうね。

  2. Showmone より:

    いい経験になります。
    実践で得た経験で、わたしの引き出しが豊かになり、他の生徒さんにも還元されます。

    1戸建、集合住宅。法人が借り、住む人は別。
    そんなふうに複雑な問題がからみ、やりがい満載です。
    管理しなくてよいのなら楽ですが、わかるようにしたいというご要望ですから。

    ゆくゆくは本店でもリアルタイムでデータベースが見られるように、とのことでした。
    VPNの構築!?
    生徒さんの夢はふくらみます。

    地デジやインターネット回線など、入れるのですよね、タブン。
    クーラーやウッドデッキなどは入れてらしたなぁ。
    今度、聞いてみますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください