だらだらと日記を書く

マスクの死角から入り込んでたまった、スス(鼻の写真)8時30分にコンビニ店さまに到着。
うわっ・・・駐車場がすでにいっぱい・・・。

くるくる近所を回り、住宅展示場を発見。
少し歩くけれど、駐車場代は無料。
最先端の住宅を拝見し、目も保養。

8時50分、コンビニ店さまに入店。

作業開始。
きょうのシゴトは、”撤去”。
改装のため、コンピュータ関連を一時的に撤去する。

「(手配ミスで)運送屋さんが2時間遅れます」
と、連絡あり。
待ち時間に掃除、ゴシゴシ。

運送屋さん到着。
いつもの運送屋さんではない。
ゆえに、梱包方法、作業内容など、ひとつずつお伝えする。

工具をお持ちでなかったり、
資材が足りなかったり、
あれこれタイヘン。
オイラもチカラシゴトを一緒にがんばったぜ。

12時半、コンビニ店さま、終了。

お昼を食べ・・・

風呂屋に行きたくなった。
何がなんでも風呂屋に行きたい。
行きたいとなったら行くのだ!
(プールは火曜日が定休日・・・)

通り道は・・・川越をとおるかな。
”川越、風呂屋” で携帯にて検索。
ヒットした電話番号をナビに入力。

「駐車場ありますか?きょうは営業してますか?」
と電話も入れたぜ、
ゴーゴー!

川越湯遊ランドでござる。
商店街の真ん中の風呂屋でござった。
一方通行だらけの細い道を入って行きながら、
あちゃー、ここは、電車で来るところじゃんと自分に文句を言いながら・・・

そして、立体駐車場の初体験。
オイラの車がでっかいエレベーターの中に消えていった。
(心臓がバクバクしたぜ)

お風呂はいいなぁ。

お仕事で鼻の中まで真っ黒なんじゃ。
マスクをしていても真っ黒。
鼻をかむと、すすが出る・・・(涙)。

だって、改装だもの。
壁から床から、全部ひっぺがすんやで。
見る見るうちに、何もかもなくなってゆく。

解体作業の方は、ヘルメットをして、
パンデミックのようなマスクをしているのに、
オイラのマスクは貧弱だわ、
よーし、
今度の改装時は、オイラもパンデミックのマスクをしていこう。

お風呂はいいよねぇ。
鼻の穴まで清められる気分。(気のせい)

たくさんお風呂があったのを、ひととおり全部入り、
なにやらの一座が来ていて、宴会場が盛り上がっていたけれど、それはスルー。
帰途についた。

病院にも寄らないと。
花粉症のクスリをもらわねば。

病院の駐車場に停めるのが難しくて、
ちょっとしたひとだかりを作ってしまった。
まるで人気者!(大違)

「そこ、ハンドル切って!そうそう、そのまま!」
などと、お声をかけていただきながら、なんとか無事に駐車。

「みなさん、ありがとー!」
とビッグスマイルをふりまき、病院の中に消えていくオイラ。
(こういうときは、堂々とふるまうに限るわ、わはは)

うちに帰り、夕飯の支度をし、
弁当を作り、
あしたの外勤の準備をし、
日記を書き、
SOHOのお仕事をし、
で、おしまいかな。

あしたは世田谷で外勤でござる。
結構遠い、片道1時間半。
5時起き。
はよ寝よう。

2 thoughts on “だらだらと日記を書く

  1. KEME より:

    >川越湯遊ランド

    去年の4月にその前の道を通りしました。私も時間があれば、入ろうかなと思った。でも、1000円は、高いしとスルー。川越城跡によったんよね。同じ道を歩いていたとちょっと嬉しいです。
    おだんごちゃんはそれだけ働けば、入ったあとが最高だったろうな。

  2. Showmone より:

    KEMEちゃん、同じ道を歩いたんだね!

    そう、よく考えたら高くてもったいなくて入れないよ。

    ものすご~~~くお風呂に入りたかったから、
    願いがかなって超気持ちいい、それでいいのだ。

    おととしの春、群馬の山奥に仕事で行ったときに、
    帰りに市営の温泉に寄って以来、かな、お風呂屋さんは。
    そこは安かった。400円!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください