箱またひとつ鍵ひとつ

パンドラの
箱ひとつ

またひとつ
ふたたびひとつ

お預かり申し上げ
お守りする鍵が増えた

これはその方のその鍵
これはあのときのあの鍵

それぞれが
ひとさまの、触れてはならない聖域
ひとさまの、秘めたる傷であり刃(やいば)

その箱を、そしてあの箱を目の前で開けられて
血の臭いにむせたろうか
地獄からこだまする叫びに思わず耳をふさいだろうか
心の臓を深くえぐられ、痛みを感じたろうか

永久(とわ)の時が流れても
発見されることのない場所に
すべての鍵を葬ろう
そして
わたしは記憶を失おう

なにもかも忘れ
無垢な笑顔でいよう
いよう

Help me…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください