次男の商い(1円14枚を10円で売る)

高校生の次男。
練りあんのおだんご3本。
買うてきて、
「お金~」
と、レシートを持ってきた。
(私の分もあるのね、うれしいわ~)

78円か。

1円玉を8枚、数えていたら、
「できれば10円でお願いします」
と、次男は手を開き、おつりの2枚の1円玉を見せる。

「1円玉、嫌いだよ~」
と文句を言うと
「(1円が嫌いなら)10円玉で買いましょうか」
と次男。

つまりこうだ。
ボクも1円は嫌いだけれど、商売になるのなら、と。

彼は、1円玉14枚を10円で売る。
1回の取引で、彼は4円の儲けを得る。
ははは。。。(汗、汗、汗)

「よし乗った!」
「あっざぁ~っす!(ありがとうございます)」

かくして、彼の商売?は成立。

彼がもし幼稚園児~中学生であったなら、
このような取引は却下やな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください