三谷幸喜の「ザ・マジックアワー」を観てきました

三谷幸喜映画「ザ・マジックアワー」。
夫と見てきました。
ご機嫌!

三谷幸喜さんは、日ごろ映画を見るにつれ、
「こうだったらもっといいのになぁ~」
という不満をためこみ、
それを一気に自作で解消するのかな、
てな勝手な想像をしました。

たとえば、
ストーリーが複雑だったり、
登場人物やエピソードが多かったりして、
理解しきれず、
未消化のまま終わってしまうことがよくあるのよね、
わたしはね。

三谷さんはアレコレたくさんやっているようで、実は「少しのこと」を「豊かに」見せている。
ストーリーは単純明快。 だけど、楽しみはたっぷり。
どの監督さんもていねいに作っているのだろうけれど、オイラは「三谷的ていねいさ」にはまったのさ。

役者さん、みんなよかった。
それに、エンドロールでも、ちゃんと楽しませてくれてうれしかったよん。

近いうちにもう一度見に行くかも。
二度目に新たな発見をするのもまた、ワクワク!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください