バイオハザードV リトリビューション

ミラジョボ
「ネタバレ上等 結末教えて」とのご依頼を賜り、「バイオハザードV リトリビューション(映画)」。
観てきた感想です。

スーパー・ハイ・スペクタクルなヒッキーですが、
年に2~3回、玄関の重~いドアを押して、外に!
たまにゃ出るんだわ、涼しくなりましたね。

玄関を出て、カギをかけると、
重かった足が少し軽くなります。

映画がはじまり三分も経過すれば、絶好調。
ミラジョボのアリスになりきりです。

敵を倒せ、倒せ!
理屈なんてどうでもいい。
深く考えない!
アリス、強い。
わたし、強い!

女が強い映画は、だから、好き。
エイリアンのリプリー(シガニー・ウィーバー)。
ターミネーターのサラ・コナー(リンダ・ハミルトン)。
そして、バイオハザードのアリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)。
かっこえぇわ~。惚れるぜ!

ミラジョボ
映画館を出ると、
歩き方、車のドアの開け方から違いますからね!
「わたしにはできる!」
と、思っております、あったりまってるやん!

あらためて考えると、ナゾの多い状況(映画)です。
「なぜ・・・???」
と、頭の中で、たくさんのハテナが泳ぎまわります。

ですが、そこは、つっこんではいけないのです。
娯楽ですから。

芸人が相方をこづくのも、
プロレスでわざと負けるのも、
オシゴトなんです。
ゆるしてあげてください。

「わーい!お金、いっぱいかかっていそう~(はあと)。
わたしのお金じゃないし、ウェルカムオッケー!
大迫力だわ~、すっご~い!わたしって強い♪」

こんなふうに、すなおに楽しめばいいのです。

ミラジョボあー。すてき。
午前中に見てまだ心臓がバクバクしています。
このお得感。水曜レディースデイだし(るん)。

(暇だ~。生徒さん、カモ~ン!)

※ 久しぶりにPhotoshopでお絵かきいたしました。楽しいねぇ~。by 茂音パソコン塾

追記(ネタバレ)

ゾンビだらけになった地球。
生き残ったわずかな人間のひとり。
主人公、アリス。
彼女は、”(ゾンビにかまれても)ゾンビにならない”という特異体質を持っていた。

そのアリス。
とある兵器会社によって、「人体改造」され、
その後、「普通の人間に戻してやる!」と。

その兵器会社というのが、そもそも、
地球をゾンビだらけにしてしまった元凶なのよね。
(と、ここまでは前作までの話)

普通の人間に戻されたはずなのに、
「これで?」「どこが?」
と、疑いをいだかせるほどに、
アリスは今回の「Ⅴ(5)」でも強かった。

Ⅴ(5)のラストで、再びつかまったアリス。
例の兵器会社の「ボス」によって、またまた改造の注射を打たれてしまった。
☆ 普通(?) → 最強(改造) → 普通(?)(改造) → 最強(改造)。
(かわいそうなアリスは、オモチャにされまくり)

Ⅵ(6)では、最強に戻ったアリスが、
スクリーンを破かんばかりに暴れることでしょう。

Ⅰ(1)~Ⅴ(5)までの一連の作品。
実は!(って、みんな知ってるんだ?)
監督はアリス(ミラジョボ)のダンナ。夫。亭主。配偶者。背の君。
次回作につながる伏線を、Ⅴ(5)のラストにちらつかせ、
「またガッポリ、二人三脚で儲けよう、おお!」。

今回の山のひとつは、ベッキーという少女とのからみ。
ベッキーは、大量生産されたクローンの一体。
実験台にされ、殺されかかったものの、奇跡的に生きていた。
「何か音がする!?」
とやってきたアリスを見て、
「ママ!」
とかけよる。

ベッキーのママは、「アリス」のクローンだった。
「ママ」は実験で死んでしまったが、ベッキーはそれを知らない。

アリスは、自分を慕うベッキーにムラムラ。
母性本能ってことならば、何でもありなんか?
イロオトコを助けるため、バッタバッタと怪獣を倒すオンナ主人公!
てなのはどうよ?(ダメでしょ?受けないでしょ?)

そう言えば「エイリアン」にも「リプリー(主人公の女戦士)」の母性本能をくすぐる少女がいたねぇ。

アリス。
あんたのそのムラムラのせいで、何人も犠牲になったよね。
それでも観客は、
「アリスと少女さえ助かれば、それでいいのよ^^」
と、制作側の罠にまんまとはまる。

ところで。
今どきの3D映像ってマジ、メガネだけじゃヤバイっす!
防弾チョッキやゴーグルも必要でね?
すべて、「ハッ!」「ハッ!」と、かわしたケドね~。(わたしってすごくね?)

4 thoughts on “バイオハザードV リトリビューション

  1. 佐藤 雄一 より:

    こんにちは、10/7作業でお世話になりました佐藤です。

    ミラ・ジョヴォヴィッチを拝見したくて検索してみたら、すぐに見つかりましたよ(^^)
    Photoshopでこんなに素晴らしいアリスが描けるなんて、絵心の無い僕にはビックリです。
    話題になったiPS細胞の山中教授がノーベル賞を受賞されたのはあまりにタイムリーでしたね。
    しかもインタビューで生命モラルの早急な確立を願われていたのが、妙にリアルに耳に入ってきました。

    それにしても茂音パソコン塾、すごいですね。
    とても生徒さんたちに愛されているのだろうなぁ。と感じます。
    本当に近くにいたら教わりに行きたいです・・・(^^ゞ
    そのうち印象派のテクニックで睡蓮でも発表されるのではないかと密かに思っています。

    突然、コメントしてごめんなさい。気を悪くしないでくださいね。

  2. Showmone より:

    佐藤さん、コメントありがとうございます、とてもうれしいです。
    (みなさま、コメントは管理人が非常に!喜びますので、迷っている場合はぜひぜひ!)

    今までに描いた絵の一部が、ここにあります。
    よかったらご覧ください。^^
    クリックすると拡大表示されますが、誰なのか、おわかりいただけるでしょうか。(右下の2枚は亡義母と両親デス)

  3. 佐藤 雄一 より:

    映画がお好きなのですね?
    下段2番目から。

    タケシ・キタノ監督
    芥川龍之介
    アン王女
    ネオとトリニティ
    ウィル・ターナー
    ジャック・スパロウ船長
    ティア・ダルマ祈祷師?
    エリーズ
    宇宙戦争のパパ?

    いくつあたってるかな?
    作品は素晴らしいのですが僕の鑑賞力がついていけてないかも、です。

  4. Showmone より:

    すばらしい、全問正解!
    (名前まで把握していなくて、検索シマシタ^^;)
    (左端はミケランジェロのダビデ像です)

    ちなみにタケシさんの映画は見ていないので、
    わたし的には、「大好きなたけちゃんマン」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください