童謡と偽妊婦とダイエット

「NPO日本童謡の会」に行ってきました。
新狭山駅徒歩1分の葬儀ホールにて、月に1度開かれます。

生徒さん、小さい声で曰く、
「友引の日にやるのよ」
と。ふむ、なるほど。

参加費は1回、500円。
お歌の先生とピアノの先生が来てくださいます。
歌唱指導はありませんが、
歌ごとの時代背景、エピソードなどを話してくださるのが楽しみです。

今年の夏、生徒さんにお誘いいただいて以来、ご一緒しています。
近いので、合間にちょこっと行って来られます。
途中参加、途中退場、OK。

去年96才で亡くなった祖母が、歌が大好きでしたので、
それで最近、無性に歌いたくなるのでしょうか。
「憑いているお人たち」のことを、自分の都合のいいように、
信じるような信じないような。

家では「歌禁止条例」が施行されておりますので、
ホールで思う存分歌えるのがうれしくてなりません。

さて。
休憩時間に、生徒さんと一緒に廊下でお茶を飲んでいたところ、
「あちらにソファがございますので、どうぞおかけください。
妊婦さんですよね」
会場主催者さん(葬儀社の社員さん)が近くへ来て、
わたしの目を見て、お声をかけてくださいました。

マタニティのように見える、たっぷりしたワンピース。
5キロ落としたとは言え、ふくよかなお腹。(エッヘン)
身体を反らせてテーブルによりかかっていたから、なおのこと、ふくらみが目立ちます。

妊婦に間違えていただけるなんて、うれしすぎます。
主催者さんは、
「大変失礼いたしました」
と平身低頭なされていましたが、ノーーープロブレムです。

「(その人)目が悪いんでね?」
と言いたげな夫を無視して、ご機嫌なわたくし。

というか!
喜んでないでダイエットを完遂しなさい!自分!
5キロ落とせたなら、あと5キロ、がんばれ!
(6月は「合格記念ダイエット」だったけれど、今度はどうしよう?)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください