ジェームズ・ディーンを描きました

映画「エデンの東(East Of Eden)」を見て、若かったわたしは
「キャル(ジェームズ・ディーン-James Dean)はわたしそのものだわ!」
と、感傷に酔ったものです、アルコールなくても酔えて、安上がりです。

ジェームズディーン

ジェームズディーン

セーターには以下のフィルターを設定しています。

  • ストローク(暗)
  • 網目
  • テクスチャライザー
  • ガラス

同じ濃さに塗りつぶしてから、[覆い焼きツール]でハイライトを入れ、[焼き込みツール]でシャドウを入れました。
塗れば塗るほど明るくなり、塗れば塗るほど暗くなります。同じ色調で!
このツールは便利です。(気づきました)^^;

使ったツールは、以下です。

  • ブラシツール
  • 混合ブラシツール
  • 消しゴムツール
  • ぼかしツール
  • 覆い焼きツール
  • 焼き込みツール

ジェームズ・ディーンに似ていますか?

James Dean of the east of Eden

エデンの東・あらすじ(ネタバレあり)

キャル(ジェームズ・ディーン)の父親は信心深く、あるべき姿を四角四面にあてはめようとする。
妻にも子どもらにも、すべてに対して。
キャルは、父親の「期待の枠」に納まることのできない子だった。
「できのよい兄」と比較され、キャルは「いい子」と認めてもらうことはなかった。

キャルは父親に認めてもらいたかった。
そして、彼なりにある作戦を思いつく。
そして、その作戦を成功させるため、精一杯の努力をした。

父親の誕生日。
作戦を実行する日。
キャルは父親へのプレゼントを用意した。
父親に「でかした!」と喜んでもらえる。
そう信じて、キャルは頬を紅潮させていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください