渡る世間に鬼は・・・どちら?

(愛する人たちに祈りをこめて)

幼い子どもにどう伝えるか。

・渡る世間に鬼はなし、それとも鬼ばかり?
・人を見れば泥棒と思え、それとも七度(ななたび)尋ねて人を疑え?

わたしは、鬼はなしと伝えたい。
人を疑う前に、身の回りをよく探しなさいと伝えたい。
悪意や故意と感じられることのほとんどは、誤解なのだと伝えたい。

いじめられて泣いている子に
「かわいそうに。〇〇ちゃんは悪い子ね。ひどいわね」
と、どうか言わないで。

幼い子に、
「あなたのお友だちは悪い子です」
と宣告することは、いじめられた事実以上に残酷だからだ。

いじめられたという事実は、母親のフォローなどにより、
「人生の一幕」で済ますこともできる。

ところが、お友だちが悪い子という宣告は、
人生の一幕で終わらず、子どもの心に暗い影を落とす。

幼い子どもに
「世間は悪意で満ちているんだよ。性根の悪い人ばかり。気をつけなさい」
と、伝える必要性があるのだろうか?

「かわいそうに」
と抱きしめてやる。そこまではいい。
子どもの気持ちが落ち着いたら
「〇〇ちゃんはどうしてそうしたんだろうね」
と一緒に考えたい。

百歩譲って、ホンモノの悪意があったとする。
その場合でも、なぜその悪意が生まれたのか考えたい。
広い視野で、深い愛情で、その「悪意」に思いを馳せたい。

悪意はこの世には存在しないという前提で、子どもに接したい。

みんなあなたを愛している。
みんないい人。

「サンタクロースがいるんだよ」
と伝えるのと同じ愛情で、幼い子どもに、そう伝えてやりたい。

3 thoughts on “渡る世間に鬼は・・・どちら?

  1. かめきち より:

    返報性の法則

    鬼と接すれば鬼となり
    仏と接すれば、是仏と接する
    のです。

    つまり、自分が相手を鬼だと思って接すれば
    本当に鬼に見えたり、鬼になったりするし
    仏だと思えば、これ即ち仏に会えるのですよ。

    しかし、もっと突っ込むと禅道になるかもしれませんが
    それは相手ではなく、自分の姿を相手に映しているだけなのです。

    心理学には「返報性の法則」というものがあり
    人に何かをしてもらうと、自分も相手に返さなければならない
    という気持ちになるのだそうです。
    先に人にしてもらうことを待つか、自分からするか
    それが鬼と仏の違いではなかろうかと。

  2. Showmone より:

    茂音パソコン塾の生徒さん、外勤で出会うみなさん、
    その他、周りの人はみなさん、チャーミングな人ばかりだなぁと、思っていた。
    どうしてわたしの周りは、そうなんだろうと思っていた。
    これからも、そうなんだろうと思う、チャーミング。

    小さい頃にたくさんの人から「レッテル」を貼られて、
    自分は悪い人間なのだろうかと、山ほど考えた。
    レッテルこそが悪い人間を作る、そんなことも、そのときに考えた。

    悪いレッテルは悪い人間を作る。(胸の芯がズキズキ痛む)
    レッテルを貼ってはイケナイ、イケナイ、イケナイ。
    どうか世界中から「レッテル」がなくなりますように!

    いいレッテルも悪いレッテルも、わたしは嫌いだ。
    どこまでも澄みきった瞳で。いかなる判定も下さない!

    (下してるけどねー、息子に、おめーマジ性格わりーな、とかw)

  3. Showmone より:

    自分の姿を相手に映している、というところを読んでから
    チャーミング、という下りを読み、「ブハハ!!!」と茶を噴きだした。
    推敲しているうちに、さては、かめきち先生の文章を忘れたな。<自分

    誤解を招く表現でござった。みなさま一笑に付してくださいませ。

    もう一度先生のコメントを読み直して、あらためて適切な内容を書こうと思います。3/13

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください