コップの水の減らし方1

コップの容量とやさしさのつづき)

登場人物:
一郎、一郎の母 よし子、一郎の嫁 ゆり

状況:(台本)
登場人物3人は同居している。
姑よし子と嫁ゆりの仲は最悪。双方ともガマンの限界。
一郎は母親と嫁にはさまれ、愚痴を聞かされる毎日。

帰宅してドアを開ける一郎。
かけよるゆり。
「あなたどうにかしてよ!あなたからお義母さんに言って!」

(オレだって仕事で疲れているんだ、カンベンしてくれ)
一郎はこの問題にかかわりたくなかった。
無言のまま、ゆりに背中を向けて着替える。

「お義母さんったらこんなことを言うの」
「こんなことをするのよ」
と、ゆりは、次から次へとまくしたてる。

(この分だと、お袋もさぞやタマッテルんだろうな、くわばら、くわばら)
母親からの弾丸のような愚痴を想像し、一郎はため息をつく。
ゆりに背を向けたまま、
「風呂、行ってくるよ」
と、その場から逃げるように立ち去る一郎。

呆然と立ち尽くすゆり。
誰のためにこんな目にあってると思うの?
あなた以外に誰を頼りにすればいいっていうの?
もうこんなのイヤ!

 ***

この物語はフィクションです。オラと姫(義母)は喧嘩しちょらんとです。

(この記事のコメントにつづく)

One thought on “コップの水の減らし方1

  1. Showmone より:

    一郎もよし子もゆりも
    コップの水がいっぱいな上に、
    傷だらけだ。

    なぜ傷だらけになるのか。
    それは、
    「うわ、すごい弾が飛んできた!(=攻撃された)」
    と感じるからだ。

    一郎もよし子もゆりも、
    コップの水がいっぱいなため、知らず知らずに
    弾を発射(=攻撃)してしまう。

    たとえば、
    「お義母さんがひどいのよ!」
    という訴え。
    そうした言葉は、ゆりがそのつもりではなくても、
    一郎にとっては、「兵器」だ。
    同様に、母親からの「嫁の愚痴」も、「兵器」だ。

    ここで一郎の逃げ道としては、
    その「攻撃」をまともに食らわず、
    「ほぉ~。妻のコップの水は、マジ、いっぱいやん?」
    と、心を遠くに置いて、受け流す。(聞き流すのとは違う)
    (それだけで、かなり防御力アップ)

    水がいっぱいな人は
    「助けて!」
    と叫んでいる。

    しかしながら、まともに助けようとすれば傷だらけ。
    一郎はすでに、疲労困憊。余力ゼロ。

    ここで「胸の筋肉」の登場である。

     ***

    おはなし:かめきち先生
    勝手な解釈:弟子のまついし

    コップの水の減らし方2につづく)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください