ほめて叱る?

「あなたがかしこすぎて、いろんなことに気がつきすぎるのがいけないんです!」
と、ほめながら、きっぱりと説教をする、
そんな手法をかめきち先生に教わったわたくし。
さっそく第一弾をおととい、飲み屋で練習いたしました。

知らない人を標的にする。
しかも、お互いに酔っ払い。
なんという好条件???の修行の場!?
わはは!

カウンターでひとりで飲んでいたジイチャン。
はじめてお目にかかるお顔。
現役から退いて10年、という感じでしょうか。

このジイチャンが愚痴っているんです。
「女房はオレよりいい男に取られた。オレはひとりぼっちだ」
と。
推定されるお年を考えると、何十年も前のカビの生えた昔話なんでしょうね。

ひとしきりふむふむとお聞きして、練習開始。

「おにいさん、それはおにいさんがいけない」
(どう見てもジイチャンなんだけどね、えへ)

「おにいさんがいい男すぎるからいけないんです。
おにいさんがいい男じゃなかったら、いい女に惚れられることもなかった。
いい男に取られてしまうようないい女は、
おにいさんのようないい男のところにしか、嫁に来ないんです」
そのように、真剣に言いきらせていただきました。

いい男というのは、ウソをついていません。
ジイチャン、今もハンサムですもの、若いころはどれほどかっこよかったでしょう。
本気で本当のことを言わないとね。

ジイチャン、笑顔で、
「きょうはいい日だった」
と、わたしに握手を求め、帰っていきました。

酔いが覚めたときにも、ハッピー気分かどうかまでは、責任取れまっしぇーん。

2 thoughts on “ほめて叱る?

  1. かめきち より:

    猜疑心・・・面白いもので、疑り深い人ほど褒め言葉やフォローの言葉を信用できないのです。
    そして、悪口ほど信用してしまう。
    「おまいが悪い」と宣言しておいて、褒めながらけなすと「この人は、私の本当の姿を分かっている」
    と思う傾向があり、良い評価も悪い評価も反発せずに聴くようです。
    相手を評価してはいけないという、傾聴のスタイルから離れていますので
    心理学というよりは、セールストーク的かも。

  2. Showmone より:

    なるほど。

    ほめられるのは、どうも居心地がよくなくて、好きでないです。
    かと言って、けなされっぱなしというのも、つらい。
    ほめながらけなされたら、コロっと落城しますね。

    セールストークも応用しながら。
    うん。
    現場が一番ですものね。
    お話をなされている方のご様子を見ながら、臨機応変のように思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください