行くラブ来るラブ

次男はあした、千葉へ行く。
わたしと一緒に車で荷物を運び、帰りはわたしひとり。
さみしいけれど、1年の期間限定だし、いたしかたなし。

長男は今月から社会人。
「配属が決まるまで、そっちにいてもいい?」
とのことで、きょう、荷物を運んできた。
数ヶ月のことだろうけれど、小躍りするくらいにうれしい。

 ***

長男。卒業式で学長賞のたてを授与された。
授与されたのは、学科で1人だけとのこと。

でもさ、ソレ(たて)、先日無造作に置いて帰ったんだぜ?
何も言わずに。
部屋をかたづけていたらあったから、夫に聞いたら
「この前、ポンと置いていった。たてだったの?」
って、あのさぁ~。
「そういうの、親にちゃんと言えよな」
と、長男にきょう、申しました。

あんにゃろ、この前も泊まっていって、
朝ごはんをルンルン作っていたら、いつの間にかいなくなっておった。
そーゆーヤツなんだよな。ばかやろーおおお。

実家滞在中にシメテやるからご覚悟召されよ。うふん

 ***

次男は目下、”かたづけ”の最終章。
「捨てるもの入れ」の中身を仕分けしております。
バイト料の清算は終わっていますので、これが最後。
最後の最後までよくがんばりました。助かりました。ありがとう!
まだ終わっていませんが、以降はひとりでがんばります。

長男はリビングのパソコンでインターネット中。
あのふたりは微妙?に仲が悪いんですけれど、
微妙にいい雰囲気で、同じ空気の中に共存しています。

すべてがよい方向に流れていくように感じます。

3 thoughts on “行くラブ来るラブ

  1. KEME より:

    それぞれに頼もしい~~素敵なお子さんですね。うちは娘ひとりしかいないので、男の子をもつって、想像できません。
    やっぱり男の子でもいくつになってもかわいい?よね。

  2. Showmone より:

    男の子でもいくつになってもかわいいっす、メロメロ。(バカ親)
    長男は昨夜うちに泊まり、先ほどピザトーストとカフェオレとオレンジを食べました。

    食事を用意するのが、楽しい~!
    特に長男は、このままうちに帰らずに結婚してしまうかと思っていたので、うれしさひとしお。

    先ほど、
    「うちにいる間食器洗いの担当をしてもらってもいい?」
    と聞いたところ、
    「いいよ」
    とのこと。

    ふむ。
    あれこれの作戦を立てましょう。

    麻雀パイも先日オークションで落札したのよねん。
    長男とはまったくコミュニケーション取れてないままだから、
    なんとか次男のように、歩み寄ろうと思います。

    次男とは、ここ数年、本気で何度も大ゲンカしました。
    ふたりのケンカは、迫力ありまっせ、アレはわたしと互角で張り合う。

    お互いに納得するまで、時間をかけて言い分を言い、
    「〇〇の部分はわたしが悪かった。申し訳ないです」
    と、まずわたしがあやまり、
    「〇〇の部分は、あなたが悪いです。あやまってください」
    と伝え、息子が
    「すみませんでした」
    とあやまり、お互いにおじぎをして、終結。
    恨みを残さず、すっきり。
    そんなケンカを何度もしました。
    相手にもよりますが、仲良くなれます。

    ・言葉で傷を負わせない(感情的になっていても、慎重に言葉を発する)
    ・憎悪ではなく愛情で接する
    ・相手の言い分と自分の言い分、双方に対して公平に
    ・お互いに、モヤモヤを残さず、さらけ出す
    ・納得するまで、話す
    ・納得したら、あやまる

    長男とも、そういう感じでぶち当たれたらいいのだけれど、
    いかんせん、彼は、「のれん」「ぬか」の類なんじゃ。
    諸葛孔明さんを味方につけたいなり。

  3. Showmone より:

    麻雀。
    長男が好きなんじゃ。しかも上手。(自称)

    父、亡義兄、夫、次男、みんな麻雀が好きです。
    そして強い。(各、自称)

    オラはアホなので、チートイツを作ろうと思い込んだら、
    「チートイツ職人」に変身し、回りが見えなくなるのですわ。
    で、パソコンゲームでも、負けてばかり。

    「実践」は小学生のときに温泉で家族でしたくらいか?
    パソコンゲームと違って、「チーしますか?」「ロンですよ」とメッセージが出ないよな、実践は。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください