おめでとう的なハナシ

次男が、第一志望校の第二志望学科に確定したようだ。
第一志望学科だと、地理的な問題で、家を出て自活する予定のようだったが、
第二志望学科の場合、家から通うという選択肢が生まれる。

(本人もそれでまんざらでもないようなので)(わーい!)

彼は、高校受験、大学受験ともに、
塾、予備校のたぐいには一切行かず、
休前日であろうとも、決まった時間に起きて眠り、
情緒不安定になることもなく、(全くないな)
息抜きも適度。(息抜きが本気になったりせんな)
部屋はいつ覗いても、きちんとかたづいている。
空き箱や牛乳パックで整理棚を作り、
何がどこにいったっけ?的なことはない。(貸してと言うと、ぱっと出てくるんだよね)

わたしとは正反対?(ははは)
長男ともまた違うな。

長男と次男、ふたりに共通しているのは、
情緒が安定している。
出されたものは残さず食べる。
地球滅亡の日まで、しぶとく生きる。(だろうな~、寿命の範囲で)

性格的には、ハゲシク問題ありカモ?ね。
なんでも、いいばっかりっていうのはないのでっせ。

2 thoughts on “おめでとう的なハナシ

  1. かめきち より:

    昔、ジム友達(男性)が

    「子どもは親が育てたようにしか大きくなりません。
     【こんなはずぢゃなかった】わけがありません。親の予測が下手だっただけです。
     事実以上にも以下にもならない。期待というのは、事実以上を言うのです。
     もし、いい意味で期待を裏切ったとしたら、それは親の話をあまり聴かなかったということです。
     つまり、悪い子です。(笑)」

    ファミレスで暴れまくるお子を見た彼(独身男性)の意見は
    そんな内容でありました。

  2. Showmone より:

    半分くらい、その男性の意見に賛成です。

    ・子どもは親が育てたようにしか大きくなりません → ほぼ、育てたように大きくなります

    ・【こんなはずぢゃなかった】わけがありません → (ある意味)賛成

    ・期待を裏切ったとしたら(略) → 異議あり
      いい意味で期待を裏切るのは、よくあること。
      育てるのは親だけではありません。親戚、近所の人、友だち、学校、社会など。
      また、生まれたときに備わっている性分というものもありそうです。

    ・悪い子です → 異議あり(笑)

    ・ファミレスで暴れまくるお子
      → 親が悪い
      → もろ手をあげて大賛成(多動性などの障害を持つ子は別)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください