以下をテキストエディタにペーストし、拡張子phpで保存。
サーバー(or テストサーバー)上にアップロードし、ブラウザで開きます。

if 文

もしも〇〇が正しければ(trueならば)、How are you?と表示しなさい
<?php
$a = 1;
$b = 2;
if($a < $b) { echo 'How are you?'; } ?>

if ~ else 文

もしも〇〇が正しければ(trueならば)、Correct! と表示しなさい。
そうでなければ(falseならば)、Non-correct! と表示しなさい。


<?php
$a = 100;
$b = 10;
if($a < $b) { echo 'Correct!'; } else { echo 'Non-correct!'; } ?>

if ~ elseif 文

もしもa (=500)が10より小さいなら(trueならば)、No.1 is correct.と表示しなさい。
もしa が100より小さいなら(trueならば)、No.2 is correct.と表示しなさい。
もしa が1000より小さいなら(trueならば)、No.3 is correct.と表示しなさい。


<?php
$a = 500;
if($a < 10) { echo 'No.1 is correct.'; } elseif($a < 100) { echo 'No.2 is correct.'; } elseif($a < 1000) { echo 'No.3 is correct.'; } ?>

while文 (処理をくりかえし実行。条件つき)
  • ++ (1を加えなさいという意味の式)($n++; は $n=$n+1; と同じ意味)
  • . (文字列を連結する演算子)

もしもn (=1)が6より小さいなら(trueならば)、n=6(false)になるまで、1を加える作業をくりかえしなさい。

<?php
$n = 1;
while($n < 6) { echo $n . 'th<br/ >' ; $n++; } ?>

foreach文 (すべての処理を繰り返し実行。無条件)
  • array() ($vに代入する値をカッコ内に入れる)
  • $v (変数)

指定された文字列をすべて書きだしなさい。


<?php
$a = array(ball, pen, cup);
foreach($a as $v) {
echo ‘It is a ‘ . $v . ‘.<br/ >’ ;
}
?>