サーティファイ主催の講習(就業力向上セミナー)、事後レポートその1 –  「Web制作現場で求められるスキルと業界の最新トレンドについて」五十嵐 学氏

※ 講習内容のまとめというよりは、Flashが終わった、というポイントだけを抽出し、独自にまとめたレポートです。講習のまとめはこちらをご覧ください。


つい最近まで、Web上で動くもの、たとえばアニメーションなどの多くが、Flashコンテンツだった。
しかし、スマートフォン市場の急激な拡大によって、Web製作現場は、大きく様変わりしつつあるようだ。
スマートフォン上で、Flashコンテンツが表示されないからだ。

Adobeは、昨年11月にモバイル向けFlash Playerの開発を打ち切り
さらに、Adobeは、Android端末への、Flash Player、新規インストールを終了(2012年8月15日~)。

旧来の携帯、スマートフォン、そしてパソコン。
それらに個別に対応するために、わざわざ3種類のWebページを製作するのか?
否、であろう。
時代の流れに対応すべく、Web製作現場ではスピーディな納品を迫られ、かつ、不況で予算はかつかつなのだ。
いちいち、スマートフォン用の動画を用意していられっか、てなものだ。
また、上の記事では、Flashは、Adobeに見捨てられたようだぞ?(本当か?)

では、Flashは、「終わった」のか。

このサイト(Flash Professional CS6 / Toolkit for CreateJS)によると、

  • Flash CS6は、HTML5ベースのコンテンツ作成に移行することができる。
  • ワンクリックでライブラリをJavaScriptに変換できる。

とある。
本当にワンクリック?で変換?できるのか?
どの程度、Flashコンテンツは「変換」できるのだろう?

Flash Pro CS6 の Toolkit for CreateJS を使ってみました。#1」というサイトによると、

  • Action Script は一切変換されない
  • トゥイーンは、クラシックトゥイーンのみの対応
  • サウンドの利用は可能

とのこと。

つまりこうか。
Adobeは、Flashを捨てたわけではなく、Action Script を捨てたのか。
「今までAction Scriptを勉強してきたみなさんには申し訳ないけれど、これからは、JavaScriptで書いてね~(はあと)」
ってことなのか?

流れが速すぎるので、今しばらく、高見の見物とする所存。