デジハリデザインスクール  WebデザインFLASH CS5 デジタルハリウッド著

Chapter8 Flashバナー

 特大サイズ(目のアニメはデジハリからお借りしました)

記事初稿:2011年9月1日

p60イラストを描くChapter2 イラストを描く
  • p.39 太陽:多角形ツールのオプションで、星&設定
  • p.42 雲を描く:楕円をいくつか作り、重ねる
  • P.43 雲をぼかす:修正→シェイプ→ソフトエッジ
  • p.45 グラデーションの方向:バケツツールで下から上にドラッグ
  • p.55 ヤシの葉:色違いの正円を重ねて切り抜く
  • p.56 オブジェクトのコピー:編集→複製
  • p.197 頂点が真上に来る正三角形:Shiftを押しながら上にドラッグ
Chapter3 アニメーション
  • p.64 フレームの挿入:キーボードショートカット F5
  • p.65 フレームレート:デフォルトは24fps。60fpsが使われる場合もある。高いほど滑らかだがマシンに負荷。書籍では12fpsを使用。
  • p.81 フレームレート:テレビ映像は30fps
p117動く地図Chapter4 動く地図
  • p.83 フレームの挿入:あらかじめ複数のレイヤーのフレームを選択しておけば、一度に挿入できる
  • p.199 キーフレームの挿入:あらかじめ複数のレイヤーのフレームを縦に(1列のみ)選択しておけば、一度に挿入できる。(2列はできないかも)
  • p.84 シーケンスのイメージ全てを読み込みますか?:連続した数字のファイルをまとめて読み込むことができる
  • p.85 インスタンス:ライブラリパネルからステージに配置されたオブジェクト
  • p.90 (モーショントゥイーンも含め)不要なタイムラインの削除:Ctrlを押さえながらタイムラインをドラッグし、フレームを削除
  • p.91 イージング:プラスの設定は減速、マイナスの設定は加速
  • p.91 一度作成したシンボルの種類を変更:ライブラリで右クリック、プロパティ→シンボルプロパティダイアログボックスで変更
  • p.106 モーションエディターパネルを使い、オブジェクトを上方向に、なめらかに跳ねさせる:
    1. モーションのタイムラインを選択
    2. モーションエディターパネルを表示
    3. 表示可能フレーム(パネル下部の小さいボタン):動かす範囲の対象フレーム数に変更
    4. 再生ヘッドを、跳ねさせるフレームに移動
    5. 基本モーションYの[キーフレームを追加または削除]をクリック
    6. Y座標の数値を適宜、減らす
    7. なめらかに:コーナーポイントを右クリックし、スムーズポイントをクリック
Chapter10 ActionScript
  • 半角スペース:スクリプトには読みやすくするため、半角スペースを入れることができる。(単語やパスの途中以外で)
  • クリックするごとに、向きを変えて1ピクセルずつ前後左右に動くボタン。girl_mcのフレームにright,left,up,downのラベルが貼ってあります。(スクリプト)(swf)