Windowsムービーメーカー。
Windowsのパソコンに付属している、
無料の動画編集ソフトですが、
最近になって、ご縁があります。

先日、結婚披露宴の写真と動画を、
「ムービーメーカー」で一本にまとめました。
撮影したのは、生徒さんです。

教室で一緒に編集しながら、
時系列順にならべ、
タイトルを入れ、
音楽(Chopin Nocturne Op. 9 No. 2)を入れ、
家庭用DVDプレイヤーで再生できるようにいたしました。
あとは、レーベル印刷をすれば完璧かな。

映像からは、披露宴にご参列なされた
みなさんの明るい笑い声が聞こえてくるようです。
写真のままでもいいけれど、
こういうふうに動画でまとめて見られるのもいいですね。

もうひとりの生徒さんは、
近く息子さんが結婚なされるとのこと。
「生まれてから今までの写真をスキャナーで読み込み、
ところどころに文字やナレーションを入れ、
披露宴でみなさんに見ていただいたら?」
とご提案したところ、のりのり~。
ムービーメーカーの本をお求めになりました。
(ぜひ、やりましょうよ、ね!)

あと、おふたりの生徒さんは、
教室で、ではなく、ご自分でチャッチャカ、作ってみえます。
「こんなような動画を作っているんですよ~」
と、作品を見せていただきました。(すごいなぁ)

せっかくだからYoutube!

「Youtubeで商品の宣伝をする時代!」
というような特集を、何ヶ月か前にテレビで見ました。

特殊な技術を要するけれど、一般向けではなく、
宣伝をするのが難しいというような商品を、
Youtubeに乗せてしまうのです。

製造過程、社員さんたちの熱心な様子などを
うまくまとめてありました。
こうした環境で、まごころこめて作られているんだと感じることができました。

なるほど、こういう使い方もあるんですね、Youtubeは。
その会社は、問い合わせが増え、売り上げが伸びたそうですよ。

まだ、いろいろと可能性がありそうですよ、
ムービーメーカーも、Youtubeも!