ワイングラス最終更新日 2012年9月23日

Shadeで仕事 インテリア&建築パースより 

第1部 基本を学ぶ

3冊全クリアしたので、4冊目に突入です。Shadeで仕事 インテリア&建築パース。(9/11~)
3DグラフィックソフトShadeを勉強しはじめて(「3DCGを勉強しています」)、4冊目です。

  • 「穴」にチェックを入れて、穴を開けたいオブジェクトの下に移動させれば、穴が開く
  • ベッド。壁と床が、スナップをきかせてもピッタリつかない場合は(隙間から光が漏れます・・・)、
    [形状整列]で揃える、と、メモ。
    本の指定数値が細かくて見えない。おまけに算数ができないので、一マス何センチなのか、その都度大混乱でござる。やっと慣れてきました。ステータスバーに表示されるXYZの数値を見ながら作業をするのが楽です。(9/12)
  • 書斎デスクダイニングテーブル椅子ソファ植木鉢フラワーポット
    見た目と数字を見て作成。本はちらっと確認。壁、床、表面材質や光は、練習がてら独自に追加しています。
  • ソファ1Pをソファ3Pに作り替える。本の説明を読まない方が早いです。
  • ワイングラスダウンライト。線光源をライトの奥に配置し、光の量を調節しました。(9/12)
  • お皿
  • ワイングラス(この記事右上トップおよび右図参照)。Illustratorで、本の通りの寸法で作成してインポートしたら、Shadeでも寸法どおり!
    しかしShadeには小さすぎるのかな?、回転体にすると形状が大きく狂ってしまいます。拡大してから回転体にし、そのあとで縮小すればOK。
    リビングが実寸で作られているので、ワイングラスもぴったりサイズ。カタログ作成などで必要な技術ですね。
  • ワイングラス(こんな作り方もある)(右下図参照)
    1. 開いた線形状で曲線を作る
    2. 90度回転して複製し、2回Repeat
    3. 4つの開いた線形状を選択し、Ctrlを押さえながら、part→自由曲面、で、自由曲面パートに入れる
    4. modify→切り換え
    5. 自由曲面の中の開いた線形状すべてを選択し、形状情報→閉じた線形状
    6. modify→スムーズ
  • 半球の作り方
    1. create→球
    2. convert→自由曲面に変換
    3. modify→切り換え
    4. 上から2番目の、円になっている閉じた線形状を選択し、形状編集モードにする
    5. 下のコントロールポイントを削除
    6. 左右の、下に延びる接線ハンドルを削除
    7. できあがり
  • カプセルカプセルの作り方
    1. create→球(半径500mm)
    2. convert→自由曲面に変換
    3. modify→切り換え
    4. 正面図の一番下の点を選択し、下方向に1500mm移動
    5. ブラウザの上から2番目の線形状を選択(上面図で正円)
    6. copy→直線移動で、下方向に1500mm
    7. できあがり
  • 穴を空ける(9/23)
    以下は、参考書のとおりにやってみました。穴を空ける必要が生じるたびに、このアンチョコを見るようです。

穴をあける