サイケな模様Photoshopグラフィックデザイン:この本は、Photoshopクリエイター能力認定試験「実技」の勉強に役立ちます。
Illustratorの勉強時にも、この姉妹本で少し勉強しました

記事:2011年7月26日~

Chapter 1
サイケな模様2 サイケな模様 2011/9/10
  1. パターン(絞り染め-Tie Dye)で塗りつぶし
  2. 極座標で変形
  3. 正円に切り抜き
  4. 正円を4つ並べ
  5. 重ね順を互い違いにし(ているように見せ)
  6. 正方形に選択し
  7. パターンを定義
  8. パターンで塗りつぶし
  9. 極座標で変形
  10. 正方形で切り抜き
  11. 色を調整
パッチワーク6 パッチワーク
  1. パターンを作る
    1. 作り方:
      1. 正方形(例:100px四方)のカンバスに図柄を書く(図柄レイヤー)
      2. 図柄レイヤーをコピー(図柄レイヤーのコピー)
      3. 「図柄レイヤーのコピー」を選択し、フィルター→その他→スクロール で、数値を右下ともに50px(辺の長さの2分の1)、ラップアラウンド(巻き戻す)で設定。
      4. 図柄レイヤーと重なってしまうなど、バランスが悪いようなら、a.からやり直し
      5. 編集メニュー→パターンを定義 で、パターンを登録
      6. 大きめの新規ファイルで、編集メニュー→塗りつぶし→パターン で塗りつぶし、再度バランスを確認
    2. パターン:ココに、さっそくパターンを置いてみました。 18 クッキーのロゴで作った、MONEロゴパターンです。
  2. 布地を作る
    1. ロゴワッペンは、付属CDのファイルを使うようにとの指示で、作り方が不明。試行錯誤して作りました。だいぶお手本に似てきました
      格子のパターンを作って塗りつぶし、マスクにぎざぎざのエッジ(フィルター)をかけるのがポイントのようです。文字もマスクにぎざぎざ。

Chapter 2
ジーンズのポケット12 ジーンズのポケット
Chapter 3
水滴14 水滴
  1. 背景をグラデーションツールで描画
  2. ブラシツールで水滴を描画
    1. ハード円ブラシ:直径120px、硬さ100%、間隔200%
    2. シェイプ:サイズのジッター100%、角度のジッター100%、真円率のジッター20%、最小の真円率25%(まるくない円を程度に作る)
    3. 散布
  3. 描画色ブラックでランダムな水滴を描画
  4. フィルター→変形→波型:水滴をいびつな形にする
  5. 水滴のフチを作る ビールのバリエーション
    1. 水滴すべてを(色域指定で)選択し、選択範囲を保存→選択を解除
    2. 透明ピクセルをロックし、グラデーションの中間色をスポイトツールで選択し、描画色で塗りつぶし→透明ピクセルのロックを解除
    3. 不透明度70%、乗算
    4. フィルタ→ぼかし→ぼかし(ガウス):半径5px
    5. 新規レイヤーを作成→選択範囲を読み込む(反転)→ホワイトで塗りつぶし→選択を解除
    6. フィルタ→ぼかし→ぼかし(ガウス):半径5px
    7. 選択範囲を読み込む(反転)→delete
    8. (水的のフチの白い部分が残り、明るく光った状態になる)
  6. 水滴に立体感と透明感をつける
    1. 新規レイヤーを作成→選択範囲を読み込む→選択範囲を縮小:縮小量30px
    2. 選択範囲→境界をぼかす:半径3px→ホワイトで塗りつぶし
    3. レイヤー3をコピー→不透明度80%→移動ツールで左上へ移動(少し重なる程度)
    4. レイヤー3を、ぼかしガウス:半径15px→移動ツールで右下へ移動
    5. (右下にはみでている光沢を削除するために)選択範囲を読み込み、削除
    6. (水滴に影をつけるため)レイヤー1を、右下へ移動
  7. 文字を淹れ、光の屈折を表現
    1. (背景の上のレイヤーに)Arial Black、白で文字を書く
    2. 文字レイヤーを(上に)コピー→W105%、H105%に拡大→選択範囲を読み込む(反転)→削除
    3. 下の文字レイヤーを選択→選択範囲を読み込む→削除
15 鋼鉄

鋼鉄熱で溶けそうなバリエーション拡大画像

  1. パイプ:円を四分の1にカットし、両端を長方形ツールで延長し、ベベル(内側)とシャドウ(内側)で立体感を作る
  2. ネジ:
    1. 円:グレーで塗りつぶし、ベベル(内側)とシャドウ(内側)で立体感を作る。
    2. 溝:長方形ツールで作り、グラデーションで塗りつぶし、ベベル(内側)と光彩(外側)で立体感を作る
  3. 缶バッジ背景:
    1. 幾何学模様:フィルター→表現手法→分割で、分割数10、最大移動値10%
    2. 光彩(内側)、グラデーションオーバーレイ(黒白)
    3. フィルター→ノイズ→ノイズを加える5%
  4. 文字:ピローエンボス
    1. (熱で溶けそうなバリエーション:フィルター→変形→波型)
17 缶バッジ 2011/9/10
  • 外周の文字:楕円形ツールで円を描き、テキストツールで円周部分をクリック
  • 雲:カスタムシェイプツールの雲1で、いろいろな形、大きさの雲を重ねて描く
18 クッキーのロゴクッキーのロゴ 2011/7/30
  • パーツを個別に作り、作ったパーツを別ファイルに並べてできあがり。
  • レイヤーの層は、パーツ用ファイルが74、仕上げ用ファイルが8。(レイヤー効果などを除く)
    リンク画像はレイヤーの一部)(一日がかりです)
  • 参考書の仕上がり見本はこちら
    お手本に対して、右はアレンジおよび手抜きをしています。
  • パソコンは、試行錯誤をしながら焼き上げました。(これだけで2時間)
  • 手順が複雑で到底覚えられない、と思いましたが、パソコンパーツのクッキーをたくさん焼いたので、さすがに「クッキー」は覚えました。ご要望があれば、お好きなものを「クッキー」にいたします。
ビリヤードの玉19 ビリヤードの玉 2011/9/9
  • 背景:テクスチャライザの砂岩、照明効果、照明効果(コピーを遠近法)、黒白グラデーション
  • ボール:黒いボール、白いボールをぼかし(ガウス)→クリッピングマスク→(光を作る)、光をコピーして縮小
  • ボールの周りの光:シャドウ(内側)を白
  • ボールの陰:黒い楕円→ぼかし(ガウス)→自由変形
  • 緑の輪:楕円形選択ツールで選択→選択範囲を保存→背景色で塗りつぶす→ぼかしガウス→保存した選択範囲で削除→上半分を四角形選択ツールで削除
  • 他の2個のボールも同様に作成
Chapter 4
20 ポップアートドット絵風ポップアート
    1. ポスタリゼーション(階調数2)→画像解像度で密度を4倍にする(ニアストネイバー法)
    2. 塗りつぶしのパターンを6種類作成し、それぞれの色をパターンで塗りつぶし
    3. 画像解像度で密度を約5倍にする(ニアストネイバー法=アンチエリアスをかけずに処理するため)
  1. 文字
    1. 文字レイヤーを作成→ラスタライズ→単色で塗りつぶし
    2. ノイズを加える→(フィルター→ピクセレートの)モザイク
    3. 色調補正
アメリカンポップアート21 アメリカンポップアート 2011/9/10
  1. コントラストを上げる
  2. アンシャープマスクを強めにかける
  3. フィルター→アーティスティック→カットアウト、で、色数を減らす
  4. 色調補正→グラデーションマップ→[青、赤、イエロー]
  5. 色を追加:自動選択ツールで緑色の部分を選択し、緑にする
  6. 描画色を初期設定に戻し、ハーフトーンパターン。描画モードを変更し・・・(略)
Chapter 5
26 色鉛筆のコラージュ色鉛筆のコラージュ
  1. 写真を選ぶ:(ファッションショーというキーワードで5枚の画像をお借りしました)
  2. 対象を切り抜く
  3. 切り抜いた画像を複製し、下を乗算、上を焼き込みカラーに設定。
  4. (上を非表示にし)下に、ぼかし(ガウス)、ぎざぎざのエッジ、色相・彩度を設定。こんな感じになる。
  5. (上を表示し)上に、グラフィックペン、ストローク(斜め)、色相・彩度を設定。
  6. 10(プラスそれぞれの効果、フィルター)のレイヤーを一か所にまとめ、バランスよく配置。
  7. 背景、文字を作成
草木のコラージュ27 草木のコラージュ
  1. 木:選択範囲を切り抜き、色調補正→乗算
  2. 背景:
    1. 草の画像を色相・彩度の色彩の統一で、緑一色にする→20%ほどに縮小の上、遠近法で変形→色調補正→光彩(外側)
    2. グラデーションの背景を作成し、エアブラシを有効にしたブラシで、草むらとの境界をなじませる
  3. 動物:付属CDのフォント(Zoological)で、シルエットを作成→草むらで切り抜く→レイヤースタイル(ベベルとエンボス、光彩(外側))を適用
  4. 影:木、動物たちに影をつける
  5. 文字: