PhotoshopとShadeが手を組めば、表現の可能性が飛躍的に高まります。空も飛べそう!

Shadeで作ったものをPhotoshopで編集する

  1. Photoshopで画像を開く
  2. キューの向きから手玉、的玉までが一直線になるように、赤い7番ボールの位置を修正
  3. Shadeで作った玉を配置し、ピントをぼかす