速習デザイン PhotoshopCS4 技術評論社

この記事は自分のための覚書です。ここを読むと本を買わずに済む、ということではありません。
本は250ページを超える内容で、細かく具体的な操作方法が記載されています。ダウンロード教材もおすすめ。
2011年5月20日。隅々まで教材を実習、完了!
読んだだけでなく、やりました。できない場合はできるまでガンバリました、まる。

※ Photoshop CS5で勉強しています。

Ready
  • 画像ファイルを印刷する:カラーマネージメント
    (プリンタで正しい色をできるだけ再現する機能)

    • [ドキュメント]にチェック
    • カラー処理を[プリンタによるカラー管理]にする
    • マッチング方法を[知覚的]にする
    • 必要に応じてプリンタドライバで色調を微調整
  • クイック選択ツール
    • 大きく選択するときは、ブラシピッカーの直径を大きく
    • 細かい選択は、ブラシピッカーの直径を小さく
    • はみでたときは、Altキーを押しながらドラッグ(選択範囲から削除)
  • クイックマスクで選択範囲を作成する
    • (この画材なら?いつも?クイック選択ツールでの処理が好き)
  • チャンネルで選択範囲を作成するコントラストが大きい画像であれば、チャンネルで選択範囲を作成するときれいで簡単(白黒のコントラストが大きい画像であれば、細かい部分もきれいに簡単に選択範囲を作成できる)
    1. チャンネルパネルーブルー(パネル下部の)[新規チャンネルを作成]にドラッグ
      (ブルーのコピーが作成される)
      (コントラストが一番強いチャンネルを選択する)
    2. ブルーのコピー以外は、目のアイコンをクリックし、非表示にする
    3. 白い部分を真っ白にする
      1. 覆い焼ツールをクリック
      2. オプションバーを設定
        範囲:ハイライト、露光量:40%、ブラシの直径:100
      3. 白い部分を根気良くゴシゴシとドラッグし、真っ白にする
        (黒い部分にはみでることをあまり気にしなくてよい)
    4. 黒い部分を真っ黒にする
      1. 焼き込みツールをクリック
      2. オプションバーを設定
        範囲:シャドー、露光量:50%、ブラシの直径:300
      3. (白い部分に触れ過ぎぬよう)
        黒い部分をドラッグし、真っ黒にする
    5. チャンネルパネル
      1. RGBの目のアイコンをクリック(表示)
      2. ブルーのコピーの目のアイコンをクリック(非表示)
      3. ブルーのコピーをパネル下部にある[チャンネルを選択範囲として読み込む]にドラッグ
        (白い部分が囲まれ、選択範囲が作成される)
      4. RGBをクリック(選択)
    6. 編集メニュー→切り取り
      (選択範囲が切り取られるので、あとは煮るなり、焼くなり)
  • 色域指定で選択範囲を作成する色域指定で選択範囲を作成する
    (ぼやけている部分も色域さえ区別できれば、簡単に選択範囲を作成できる)

    1. 選択範囲メニュー→色域指定をクリック
    2. 指定色域で、選択したい色域(例:レッド系)をクリック
    3. [選択範囲]と[画像を表示]を交互にクリックし、プレビューで選択したい範囲が明るくなっていることを確認
    4. OKをクリック
    5. 選択範囲が作成される
      (右画像の一番下は、4の選択範囲を切り取り・・・。以下略)
  • 選択範囲の色調を変更する
    1. イメージメニュー→色調補正→色相・彩度をクリック
    2. スライダーをドラッグして調整(右画像の上と中央)
写真を補正しよう
  • コピースタンプツールでゴミを除去する
    1. コピースタンプツールをクリック
    2. コピー元(色調など似ている場所)をAlt+クリック
    3. コピー先(除去したいゴミのある部分)をドラッグ
  • パッチツールでシワを除去する
    1. パッチツールをクリック
    2. シワの部分を囲むようにドラッグ(ドラッグした範囲が選択される)
    3. 選択された範囲を、シワのない部分にドラッグ
    4. 様子を見ながら、同じ操作を繰り返す
  • 選択ツールで写真をトリミングする
    1. 長方形選択ツールでドラッグ
    2. イメージメニュー→切り抜き
  • ガイドを参考にトリミングする
    1. 上の定規にマウスポインタをあてて下にドラッグ(2回)
    2. 左の定規にマウスポインタをあてて右にドラッグ(2回)
    3. (青いガイドラインが4本引かれる)
    4. 長方形選択ツールをガイドに沿ってドラッグ
    5. イメージメニュー→切り抜き
    6. (定規でサイズを決めて、抜くことができる)
    7. 表示メニュー→ガイドを消去
  • 切り抜きツールで写真をトリミングする
    1. 切り抜きツールをクリック
    2. 画像をドラッグ
    3. (切り抜き範囲を回転したい場合は、トリミング枠の外のまるい矢印の位置でドラッグ)
    4. オプションバーの[現在の切り抜き操作を確定](丸印)をクリック
  • 傾いている写真を水平にする
    1. ものさしツールをクリック
    2. 水平線や地平線などに沿って、端から端へ、ドラッグ
    3. イメージメニュー→画像の回転→角度入力
    4. (修正する角度が自動入力されている)
    5. OKをクリック
  • レンズのゆがみを補正する
    1. フィルタメニュー→レンズ補正
    2. カスタムをクリック
    3. ゆがみを補正のスライダーを左右に動かし、調整
    4. OKをクリック
    5. 補正で凹んだ部分をトリミング
  • プロファイルを使ったレンズ補正
    1. フィルタメニュー→レンズ補正
    2. 自動補正→レンズプロファイル
    3. (「一致するプロファイルが見つかりません」とのことで不可)
  • 逆行の写真を補正する
    1. 色調補正パネル
    2. 露光量の調整レイヤーを新規作成
    3. 露光量のスライダを右にドラッグ
  • トーンカーブで明るくしたい部分をドラッグする
    1. 色調補正パネル
    2. トーンカーブの調整レイヤーを新規作成
    3. 色調補正パネルの指ツールをクリック
    4. 画像の明るくしたい部分を上方向にドラッグ(カーブが上方向に曲線を描く)
    5. 画像の暗くしたい部分を下方向にドラッグ(カーブが下方向に曲線を描く)
    6. 続けて明るく(暗く)したい場所をドラッグ
  • 風景写真を明るく補正する
    1. 色調補正パネル
    2. レベル補正の調整レイヤーを新規作成
    3. 中間調のスライダを左にドラッグ(暗い森の画像が全体的に明るくなる)
    4. シャドウスライダを右にドラッグ(画像を引き締めるため、影をつける)
    5. 中間調のスライダを左にドラッグ(バランスを見ながら、さらに調整)
  • 夜景のホワイトバランスを調整する
    • 色調補正パネル
    • レンズフィルタの調整レイヤーを新規作成
    • 例:フィルタ寒色系(LBB)をクリック
    • 適用量のスライダをドラッグ(調整)
    • グラデーションツールをクリック
    • オプションバーの不透明度を(例:30)に変更
    • 色調補正したい場所を部分的にドラッグ(はじまり:濃い、おわり:薄い)
    • (Shiftを押しながら:水平、垂直にドラッグできる)
  • 日陰で撮影した写真に温かみを加える
    1. 色調補正パネル
    2. レンズフィルタの調整レイヤーを新規作成
    3. 例:フィルタ暖色系(81)をクリック
    4. 適用量のスライダをドラッグ(調整)
    5. 色調補正パネル
    6. トーンカーブの調整レイヤーを新規作成
    7. (肌の色を健康的に見せるため)グリーンをクリック
    8. 指ツールをクリック
    9. (例:肌の部分を)下にドラッグ(グリーンの色味が減っていく)
  • ブレやピンボケを補正する写真の特定の部分を補正する
    1. 色調補正パネル
      1. 例:赤味がかって写ってしまった青いものから、赤味を除去
      1. 特定色域の選択の調整レイヤーを新規作成
      2. レイヤーの名前を、「コレコレの赤味除去」、と変更
      3. カラーの右の小さい三角をクリックし、ブルー系をクリック
      4. マゼンタのスライダを左にドラッグ
      5. シアンのスライダを右にドラッグ
    2. 例:2の作業で、濁ってしまったグリーンに、シアンとイエローを加える
      (マゼンダを減らすより、シアンとイエローを加える方が微調整が行いやすい)

      1. 特定色域の選択の調整レイヤーを新規作成
      2. レイヤーの名前を、「グリーンを鮮やかに」、と変更
      3. カラーの右の小さい三角をクリックし、グリーン系をクリック
      4. シアンのスライダを右にドラッグ
      5. ソフトフォーカスな写真にするイエローのスライダを右にドラッグ
      6. グリーンが鮮やかになりすぎる場合は、レイヤーパネルの不透明度を左にドラッグ
  • ブレやピンボケを補正する
    1. フィルター→スマートフィルター用に変換
      • スマートオブジェクトに変換される。
      • スマートオブジェクトは、フィルターを何度でもやり直すことができる。
    2. フィルター→シャープ→アンシャープマスクをクリック
    3. プレビューの中に目安とする領域(例:目)を表示(拡大)
    4. 量のスライダを右に大きくドラッグ
      • 例:目はシャープになったが、肌が荒れて見える
    5. しきい値のスライダを右に少しドラッグ
      • 例:肌はなめらかなまま、目元はシャープになる
写真を加工しよう
  • ソフトフォーカスな写真にする
    1. レイヤーパネルで、背景レイヤーを[新規レイヤーを作成]にドラッグ
    2. コピーされたレイヤーをクリック
    3. フィルタメニュー→スマートフィルタ用に変換
    4. フィルタメニュー→ぼかし→ぼかし(ガウス)
    5. カラー写真をモノクロ写真にする半径スライダを右に大きくドラッグ
    6. レイヤ→パネル→不透明度→60%
    7. レイヤーパネル→描画モード→(通常から)輝度をクリック
      (右の画像上から3番目)
    8. 7で、輝度ではなく、カラー比較(暗)をクリック
      (右の画像上から4番目)
    9. (描画モードを変えたり、組み合わせたりすることで別の効果が得られる)
    • (右の画像上から2番目は、色調補正のトーンカーブで明るく修正)
  • カラー写真をモノクロ写真にする
    • カラー写真とモノクロ写真を比較しながら作業できるようにする
      1. イメージメニュー→複製
      2. ウィンドウ→アレンジ→並べて表示をクリック
      3. 表示メニュー→画面サイズに合わせるをクリック
      4. ウィンドウ→アレンジ→表示サイズを一致をクリック
    • 色調補正パネル→白黒の調整レイヤーを新規作成
      (片方がモノクロ写真になる)
    • 明るさに変化をつける
      1. レッド系、イエロー系・・・など、個々にスライダを左右にドラッグし、明るさを調整
      2. 顔色はレッド系で調整
    • その他の方法(プリセットを使う)
      • 画像上から4番目は[赤外線]、5番目は[ブルーフィルター]を使用。
  • モノクロ写真に色をつける
    1. それぞれの部位でチャンネルを作成する
    2. クイック選択ツールで、部位Aを選択
      1. 選択範囲メニュー→選択範囲を保存A
      2. モノクロに色をつけるチャンネルパネル→Aをクリック
      3. パネル下部にある[チャンネルを選択範囲として読み込む]にドラッグ
        (Aの範囲が選択される)
      4. Aの目のアイコンをクリック(非表示)
      5. RGBをクリック
      6. イメージメニュー→色調補正→カラーバランス
      7. プレビューで確認しながら、中間調で調整。同様に、シャドウで調整
      8. OKをクリック
    3. 部位B、Cなども同様に色をつける
  • 写真に躍動感を加える
    1. 写真を選択
      1. 自動選択ツールで(汽車を)ドラッグ
      2. 選択範囲を保存
    2. 範囲を編集
      1. チャンネルパネルで保存した選択範囲をクリック
      2. 写真に躍動感を加える消しゴムで選択範囲を追加
      3. (選択範囲を削除するのはどうしたらよいのだろう)
    3. (汽車の周りの景色に)躍動感を加える
      1. パネル下部にある[チャンネルを選択範囲として読み込む]にドラッグ
      2. 選択範囲を反転(汽車の周りの景色が選択される)
      3. チャンネルパネルのRGBをクリック
      4. コピー、ペースト(景色のレイヤー作成される)
      5. フィルタメニュー→ぼかし→ぼかし(移動)
      6. 角度1、距離38に変更
    4. (汽車にも)動きを加える
      1. レイヤーパネル→背景レイヤーをクリック
      2. 選択範囲→選択範囲を読み込む(汽車が選択される)
      3. コピー、ペースト(汽車のレイヤーが作成される)
      4. 新しいレイヤー(汽車)をドラッグして一番上の階層へ
      5. フィルターメニュー→ぼかし→ぼかし(放射状)をクリック
      6. 量1、方法:ズーム、画質:標準に変更
      7. ぼかしの中心を(汽車の先頭付近になるように)ドラッグ
  • 失敗・・・建物の足りない部分を追加する 建物の足りない部分を追加する
    建物の足りない部分を追加する

     

    1. イメージ→カンバスサイズ→基準位置:下部中央→高さ:増加
    2. レイヤー→新規レイヤーを作成(追加するたびに新規レイヤーを作成)
    3. フィルタ→Vanishing Point
    4. 追加したい面の4つのコーナーを(面作成ツールで)クリックし、四角形(面)を作る
    5. [面]を、グリッドを参考に、ビルの形状に(ていねいに!)合わせて(ここ重要)、四隅のハンドルを(面修正ツールで)ドラッグ
    6. 追加したい方向側の中央のハンドルを、追加したい方向へ(面修正ツールで)ドラッグ
    7. Ctrlキーを押しながら、側面の中央のハンドルを(面修正ツールで)ドラッグ(側面がある場合)
    8. (側面の[面]を)グリッドを参考に、ビルの側面の形状に合わせる
    9. 選択ツールをクリック
    10. Altキーを抑えながら、[面]のコーナーに沿ってドラッグし、続けて側面の[面]をドラッグ(=[面]をコピー)
    11. Ctrlキーを抑えながら、[面]をドラッグ(=[面]を貼り付け)
    12. (ゆがみ、色の違いなどを調整して完成)(左上のみ調整済)
  • 写真を絵画調にする写真を絵画調にする
    1. フィルタメニュー→スマートフィルタ用に変換をクリック
    2. フィルタ→フィルタギャラリーをクリック
    3. アーティスティック→水彩画をクリック
    4. スライダをドラッグし、調整
    5. 他のフィルタを組み合わせる(例:水彩画とテクスチャライザーの麻布)
  • ロゴを商品にきれいに貼り付けるロゴを商品にきれいに貼り付ける
    1. テキストツール
    2. 文字パネル
    3. オプションバーのワープテキスト
  • 照明効果で写真の印象を変える
    • フィルタ→描画→照明効果→スポットライト
    • 照明効果で写真の印象を変えるプリセットも利用してみよう
写真を合成しよう
  • 複数の写真を使い被写界深度を深くする
    (ピントの合っているエリアが異なる複数の画像を合成)

    • Adobe Bridgeで複数の画像を選択し、ツール→Photoshop→ファイルをPhotoshopレイヤーとして読み込み
    • すべてのレイヤーを選択し、編集→自動整列→自動設定
    • 編集→レイヤーを自動合成→画像をスタック
  • ピントの異なる複数の画像を合成

  • 複数の写真をつなげてパノラマ写真にする
    • レイヤー→下のレイヤーと結合、レイヤー→レイヤーを結合(を学びました)
  • 建物の壁を別の模様に合成する
    1. 模様画像:Ctrl+A(すべてを選択)→Ctrl+C(コピー)
    2. フィルター→Vanishing Point
      1. 面を作成
      2. Ctrl+V(模様を貼りつけ)
      3. 面にドラッグ
    3. レイヤー→レイヤースタイルを追加→ドロップシャドウ
      (壁面との境界線を自然にする)
  • フォトフレームに写真を入れる
    • フォトフレームに写真を入れるペンツールでパスを描く
      1. パスパネルで、選択範囲にすることができる
      2. パス選択ツールでパスをクリックし、キーボードの矢印キーで位置を微調整
      3. パスの作業から離れる場合は、パスパネルの何もないところをクリックし、パスの選択を解除しておく
    • 砂浜のフォトフレーム
      1. 写真の左上に、照明効果を入れる
      2. 写真のレイヤーパネルから、シャドー(内側)の効果を入れる
      3. フォトフレームの影を、ぼかし(ガウス)で2カ所かに入れ、イメージ→色調補正→明るさ・コントラストで明るさの調整
      4. 枠をクイック選択ツールで選択し、レイヤー最上層に。レイヤー効果(ドロップシャドー、べベルとエンボス)を入れる
      5. 素材は、デジタルフォトフレームで、Sonyのロゴが入っていたので、スポット修復ブラシツールのコンテンツに応じるで、削除
  • ビルの背景に青空を追加する
    • 夜空になじんだバナナ空を選択する
      • ペンツールで、ビルの形状に合わせてクリックし、レイヤーの上2点もクリックしてパスをつなぐ
    • 空を透明にする
      1. パスパネルで、選択範囲を作成
      2. (レイヤーが背景になっている場合は、[背景からレイヤーへ])
      3. レイヤーマスク(すべての領域を表示)を作成
      4. (レイヤーマスクが選択されている状態で)編集→塗りつぶし→ブラック、通常、100%
    • 空と建物をなじませる方法
      • レイヤーマスクを選択→マスクパレット→マスクの境界線
        設定例:半径0、コントラスト0、滑らかに2、ぼかし0.5、エッジをシフト-57%
        (下の画像左が処理前。右が処理後。自然に仕上がっています)
        ビルの背景に青空を追加する
イラストを描こう
  • クッキリしたラインで魚を描く
  • ソフトなタッチでみかんを描く
    • ぼかしの強めのブラシで描画
    • 木炭画は一番上に乗算で配置
  • 線画のイラストをきれいに塗りつぶす
  • 水彩画風の透明感のある絵を描く
    • 「オイルパステル(大)63」が、CS5のブラシの中にない。かたっぱしからブラシを「追加」してみたがない。
    • まるたぁ水彩ブラシ 1.00をVectorからダウンロードしてみた。よいと思う。
    • だが・・・。この参考書の、この単元が目的なのであれば、「落とし水エクセレント」がベスト。これはPhotoshopのシゴトではない。
  • カラフルな幾何学模様を描く
  • 写真を絵画調にするアートヒストリーツール:
    (右図)

    1. ヒストリーパネル→新規スナップショットダイアログボックス→対象;統合レイヤー→OK
    2. 作成されたスナップショットの左側、[ヒストリーブラシのソースを設定]をクリック
    3. ツールパネルからアートヒストリーブラシツールを選択
    4. オプションバーで、スタイル:しっかり(短く)、許容量:0、範囲:1~100まで臨機応変に、ブラシサイズとブラシのぼかし:臨機応変に
    5. 元画像をロックし、その上にレイヤーをいくつか置き、ブラシなどの設定を変更しながら塗り重ねてゆく
  • スタイルの違うグラデーションで描く
  • 透明感を加えたグラデーションで描く
  • イラストの模様を作る
  • シェイプで図形のようなイラストを描く
  • 図形のラインに合わせて正確に描く
  • 画像を貼りつけた3Dシェイプを作る
    ご使用のビデオカードは、高速3Dハードウェアレンダリングの要件を満たしていません
    「ご使用のビデオカードは、高速3Dハードウェアレンダリングの要件を満たしていません」
    というメッセージが表示され、残念ながら3Dを扱うことができないようです。

    • 3Dシェイプを作るその後なぜかできるようになり、右を作成。
      2011年5月15日現在、教室のパソコン2台で作成可能。
  • オリジナルブラシを作成する
文字を活用しよう

せっかくですからIllustratorの復習をかねようと思います。

  • 基本操作でカラフルな文字を描く
    基本操作でカラフルな文字を描く
  • 写真を切り抜いたような文字を作る
    写真を切り抜いたような文字を作る

    • Illustrator:オブジェクト→クリッピングマスク→作成
      グラデーションは、長方形ツール→グラデーションパネル
    • Photoshop:レイヤー→クリッピングマスクを作成
      グラデーションは、カラーパネルで描画色を設定→グラデーションツール→オプションバーのクリックでグラデーションピッカーを開く→線形グラデーション→Shiftを押さえながら画面をドラッグ
  • ゴールドのタイトルロゴを作る
    レイヤーをオブジェクトに変換を選択すると、Photoshopのレイヤーなど一式をIllustratorに読み込むことができる
    ゴールドのタイトルロゴを作る

    • Illustrator
      • 文字を文字としてではなく、オブジェクトとして、デフォルメなどの編集ができます。
    • Photoshop
      • 文字を「分解(アウトライン化)」せずに、効果をつけます。
        テキストの編集は、効果をつけたあともできます。
      • レイヤースタイルにて、複雑な表現ができます。
  • サテンのような光沢のあるロゴを作るサテンのような光沢のあるロゴを作る
    • スタイルの保存
      • スタイルパネルに保存
      • ファイルとしてスタイルを保存
  • 画像に刻印した文字を作る
  • 画像に刻印した文字を作る

    • レイヤーをスクリーン、塗り0%
    • レイヤースタイル
    • 光彩(内側):白、チョーク50%、サイズ8px
    • ベベルとエンボス:ピローエンボス、深さ200%、サイズ16px、不透明度2ヶ所60%
  • 文字をアーチ型に変形する
    1. 検索してお借りした虹画像の空の青色を、イメージ→色調補正→チャンネルミキサーで、際立たせる
    2. 虹の7色が1.の作業と連動して色が変わってしまったので、
      ペンツール→選択範囲を作成→ぼかしを設定してコピー(境界線を調整)→貼り付け
    3. 雲の色もくすんでしまったので、チャンネルで赤のみ表示し、覆い焼ツールで部分的に脱色
  • 文字をアーチ型に変形する

  • 自由に流れる文字を描く
    • ペンツールで曲線のパスを描き、そこに文字を入力。もしくは、オプションバーのワープテキスト。
  • [文字]パネルと[段落]パネルの操作
    • テキストの向きを変更する
    • 縦書き文字の英数字を回転する
    • 英数字を横書きにする
Webデータに保存しよう
  • 写真をWeb用に最適保存する
    • イメージ→画像解像度→ピクセル数で設定したサイズがWebでの表示サイズと同じ
    • Webおよびデバイス用に保存の[4アップ]で、保存形式による画質、画像サイズを見比べることができる。
      ズームツール、手のひらツールは、4つのプレビューに同時に作用する。
      プレビューをクリックすると、ブラウザで確認できる。
  • 背景が透過したGifファイルを保存する背景が透過したGifファイルを保存する
    • Webおよびデバイス用に保存にて
    • 4アップにし、カラーを減数し、56.6Kbpsモデムでの読み込みに何秒かかるか、などを確認
    • グラデーションがある場合は、ディザなし以外を選択するとよさそう
    • マットを描画色にし、ドロップシャドウを着色する
  • Web用のGifアニメーションを保存する
  • Web用のGifアニメーションを保存する
    アニメーションの設定(細かく表示時間を設定しています)