ビリヤード教室の冬
  • 冬のビリヤード台黒板を窓にしました。窓の外は雪山の景色です。
  • ビリヤード台に、「狭山げんき大学」のロゴを入れました。

ビリヤード教室のクリスマス
  • クリスマスのビリヤード台ツリーに細かく、10個の照明を当てました。
  • ビリヤードボールを7個、ツリーに飾りました。
  • 室内に、ビリヤードテーブルが判別できる程度の明かりを向かって右側から入れています。
  • 黒トビしないように、黒板を照らす方向に、スポットライトを入れました。照明は難しいです。
  • サンタの格好をした小さい人(こびとさん)が、球を「よいしょっ」と飾っているところまで仕上げたいなぁ~。

ADAMロゴ入りビリヤード台

ビリヤード教室
  • ビリヤード教室とテーブル、玉などを「実寸」の縮尺大作ってみます。
  • テーブル、玉、キューのサイズはできるだけ忠実に作成したいと思いますが、その他の教室などは、一般的な寸法を基準とします。
  • 教室は、廃校になった小学校。小学校の教室は、7X9X3(メートル)くらいが標準のようなので、だいたいそれくらいで。
黒板
  • 黒板3.6X1.2(メートル)。厚みを3センチにしました。
  • 木枠は、大きさの違う長方形を逆転、記憶、追加。そして掃引。
  • チョークや黒板消しを置くパーツは、別途作成し、掃引。
  • 黒板の緑の部分と黒板消しは、ネットで画像を検索し、[マッピング]しました。
時計
  • 円の掃引体を厚みに。その手前に円を作成し、マッピング用に。縁取りは、円の線形状を記憶し、長方形を掃引しました。
  • 壁のマッピング壁のマッピングは、イメージ1に雲のバンプ。イメージ2は崖の岩肌画像をPhotoshopで加工(モノトーンにし、グラデーションでマスク。右図)しました。投影は継ぎ目が出ないように、[ラップ]です。
  • 巾木を別途掃引し、黒板の木枠のマスターサーフェスを適用。
ビリヤードテーブル
  • 一般的な9フィートポケットテーブルを作ります。外寸2.9×1.6×0.8メートル。プレイエリアは、2.54×1.27メートル。
  • ポケットの大きさは、コーナー130ミリ、サイドを140ミリにしました。
テーブル製図木枠
  • Illustratorで製図
  • 2つの線形状(右図の下側)をShadeにインポート
  • 外側の線形状をmodify→逆転し、[記憶]
  • 内側の線形状を[追加]
  • 不要になった線形状を削除
  • 合体してひとつになった線形状を掃引
銅板(ポケット回り)
  • ブロンドの髪をマッピング
クッションと脚とポケットの黒いふちどり
  • Illustratorで製図し、Shadeにインポートし、整形
ADAMロゴ
  • デジカメで撮影したロゴ(ビリヤード台の実物)をマッピング
  • Photoshopで、消しゴムを入れるなど、少し手を加えました。
  • 左右のアダムライオンは、教室の台にはありません。
キュースティック
  • キュースティックは、長さ1.5メートル。タップ、フェーラル、シャフト、グリップの4つのパーツに分かれています。
  • Photoshopで画像を開き、グリッドを1センチ間隔にして、各部位の太さを測りました。
  • 玉は手玉、的玉ともに、ポケット用の玉は、直径57.1ミリとのことです。
  • 以前作ったものをリサイズしました。