生徒さんのiPod。
きょうも授業で、Youtubeの動画をiPod用の動画に変換するなど、
あれこれやっておりました。

Craving Explorerというツールを使うと、
ダウンロードすると同時に「変換」できて、簡単ですね。
音楽CD用、iPod動画用などなどに、一発で変換できます。
もう、Real Playerでダウンロードする必要はないのさ。

さて。
”iPod人口”は、(TouchやiPhoneを含めなくても)かなりのものと思われます。
そして、使いこなせていない部分は多いと思われます。
まだまだ楽しい使い方がたくさんありますよ!

ということで、パソコン教室のインストラクタとしては、
その都度夫から借りるのではなく、自分で所持すべし。
で。オークションで落札しちゃいました。
来月のお誕生日プレゼントの前倒しです。(なんちて)(なんちて)

落札したのは中古。定価19,800円の、8ギガバイト版です。
中古とは言え、9月に発売されたばかりの最新機種。
オークションの出品者さんは、800以上の取引履歴を誇る方で、悪い評価はゼロ。
信頼度は花まる。
出品した理由は、「iPhoneを買って不要になった」とのこと。

本(iPod touch Perfect Manual)(定価1,500円)とスキンシールと液晶保護シート1枚(新品)のおまけつき。
そんな願ってもない条件で、14,600円(送料、振込手数料込)です。

もう夫から借りっぱなしで授業をしなくていいんだ、ぜ!
ダーリン、ごめんね。

iPod Touchは、小さなコンピュータです。
Macの正規保障を得られなくなってしまうカモ?というような、
プログラムの深部に入り込む裏ワザもあるようです。
(ワクワク)(コラコラ)

iPhoneとの違いは、おおむね以下。

  1. iPod Touchは電話、カメラ撮影、ビデオ撮影の機能がない
  2. iPod Touchは無線電波を受信できない場所ではインターネットやメールができない
  3. iPod Touchは(比較すると)本体の価格が安い
  4. iPod Touchは月々の利用料金がゼロ円