iPadはサブディスプレイとしても活躍しますApp Storeを(iPadで)見ていたら、Mac用の「Air Display」というアプリがありました。

「お使いのコンピュータにもう1つ別のディスプレイがあったらと、考えたことはありませんか?」
そううたう「Air Display」は、1,200円。
iPad用アプリとしては、かなり高価な部類です。

(1,200円という価格はともかく・・・)
iPadがパソコンのサブディスプレイになったら授業のときにも便利!
そう思ってWindows用のアプリを検索してみたところ(キーワード:Display Windows)、ありました。
こちらは230円。買いでしょう。さっそく導入!

導入手順

iPadをサブディスプレイとして使っているところ

  1. DisplayLinkをiPadにインストール(230円)
  2. DisplayLink iPad Host Software Driverをパソコンにインストール(無料)
  3. パスワードをパソコン側で設定
  4. iPadのアプリでログイン
  5. 以上で設定終了
感想

[デスクトップのカスタマイズ-ディスプレイ-画面の解像度]で、iPadのディスプレイが検出されましたはじめ、iPadの方は何もないデスクトップ画面のみ。
メインディスプレイにあるウィンドウを、画面の右側の方向に、メインディスプレイから見えなくなるまでドラッグすると、ウィンドウはiPadの画面に移動します。

ペンタブレット。わたしがマウスの代わりに使っているツールですが、左半分がメイン。右半分がサブ(iPad)の領域です。
感覚が狂いますが、じきに慣れるでしょう。

ショートカットキーは(Alt+Tabなど)普通に使えます。

iPadは、(あたり前ですが)パネルをタッチしても反応なしです。
ただの(と言ったら語弊がありますが)サブディスプレイですヨ。

(いいお買いものをしたと思います)