この記事は、きょう(1月6日)外勤先の近くのマクドナルドで自分で削除してしまったようです。
キャッシュで復旧しましたが、追記した記事がかなりなくなっています。

本日、3台のおビョウキなパソコンをまとめてチェックしてもらってきました。
自作パソコン2台は、マザーボードが死亡とのこと。
マザーボードが死亡しているのならば、いたしかたない・・・。

IBMレノボ(デスクトップ)は、
「元気ですよ」
とのことでした、が、連れて帰って電源を投入したところ、症状変わらず。
あした?また、お店に連れていきます。

代金はAで依頼すると、1台につき診断(のみ)が20,000円。
Bは2,000円とのことで、Bにしました。

マザーボードが死亡していたパソコン2台は、6年半前に自作した双子マシン。
古いCPUを乗せられるマザーボード(中古)を
いまさら買って、組みなおすというのもなぁ~と迷った末に、
生きているパーツを買い取っていただくという選択肢に。
(二束三文であれ、役立てていただけるならば何より)

で、リビング用(夫用)に、IBMレノボ(中古。デスクトップ)を買いました。
Windows XP Professional。19,800円、プラス、中古保証3年で1,000円です。
きょうの会計は、6,300円(診断料3台分)+19,800円+1,000円。
自作パソコンのパーツの査定は、あした、かな。

正月はコレでつぶれそうな予感。
(書き込みしながら、ウィルス対策とWindowsアップデートをしております)

自作をするか、できあいを買うか

レノボを買う前に、あらためて自作をするかどうかで迷いましたが、
マザーボードの売り場で「マザーボードの選び方」というボードがあり、
それを見ただけで頭がくらくら。
ソッコーあきらめました。
勉強になるでしょうし、自信につながることでしょうし、
パーツの保証期間は1ヶ月というマイナス面には目をつぶることができましたし、
夫も「やれば?」と応援してくれたのですが・・・。
(当時は仕事をしていなかったとは言え、よくガンバリました)