きょう、8月22日は、節子の命日である。
節子とは、小説(orアニメor・・・)「火垂るの墓」に登場する、4歳の少女である。
少女の兄である、14歳の「にいちゃん」も
妹の死のひと月後(第二次世界大戦終戦の翌月)、
節子と同様、栄養失調で命を落とす。

「にいちゃん」はどれほどに君(節子)を大切にしていたことだろう。
「にいちゃん」はどのように君の死を受け止めたことだろう。
「にいちゃん」は君を失って何を生きる力としたことだろう。

きょう流した汗と同じほどの量の水が、ほほを伝う。

どうか、ニンゲンが学習しますように。
どうか、戦争が愚かであることを悟りますように。
地球のすべての「母」が、「子どもたち」に、伝えますように。