NHKのBS衛星劇場で、「タワーリング・インフェルノ」を見ました。

1974年の作品だなんてびっくりです。
いいものは、色あせないですね。

ポール・ニューマン

ポール・ニューマン。
今年9月に亡くなっていたのですか。
肺がんにて、83歳没・・・。

34年前の映画なので、ポールは50歳くらい。
すてき!
スティーブ・マックイーンも共演していますが、
ポールの方がわたしの好みです。

ジーン・ケリー

「雨に唄えば」のジーン・ケリーも好き。
ポールと同じ匂いを感じます。

笑顔がめっちゃキュート!
「ボクを信じて」
とほほえまれたら、信じそうになりますがな、
一歩手前で、とどまりますが。

ジーンも亡くなっているのですね。
1996年、83歳で没。

もしも火事になったら

もしも火災に見舞われたらどうしよう?
エレベーターや階段で脱出できない状況だったら?

真剣に考えてみました。
「タワーリング・インフェルノ」 は、ビル火災の映画ですから。

  1. 消火器を確保。
  2. 浴槽に水を張り、フトンを浸す。空気を追い出し、中までしっかり濡らす。
  3. 火災での死亡は、煙によるものが多い。ベランダに出るべし。
    (ただし、吉と出るかは運次第)
  4. 濡れたフトンを被って、ベランダで救助を待つべし。
  5. 緊急に最悪な場合は、フトンを身体に幾重にもまきつけ、ヒモでしっかり縛り、
    植木をめざして飛ぶ!(ココは7階!)
  6. 飛ぶ際は、できるだけ身体の力を抜き、フォースを信じる!
    (フォースとは、「スターウォーズ」のフォースじゃ!)(それが何か?)
もしも

もしも?

  • もしも踏切内でエンストしたら?
  • もしも車ごと湖に落ちたら?
  • もしも津波に飲み込まれたら?
  • もしも大地震が来たら?

パニックにならないことが大事です。
即死さえしなければ、可能性はあります。
3分あれば何かできるはずと信じ、冷静に考えましょう。

常日ごろから、
「もしも」 をシミュレーションしておくと、いざというときの助けになることでしょう。
息を止め、時間を計る練習もいいかも。3分呼吸できなくても、脳にダメージはないと聞きます。
「事故の報道」 を、ヒトゴトのように聞いてはいけません。

すべての報道は、 
「明日のわたしたち」 に
メッセージを伝えているのです。

そうよ、じっちゃん、ばっちゃん。
オレオレ詐欺に、引っかかっちゃならんとよ。
手口が巧妙になっちょるけ、
新鮮なネタで釣られるかもしれんで。

「タワーリング・インフェルノ」 をきっかけに、
(ポール・ニューマン を見られたし)
「もしもの旅」 もできました。