映画、「グリーンマイル」。
きょう届いたレンタルDVDだ。

見終わって、心と身体が鉛になった。

そして、思い出しては涙。
死刑囚、ジョン・コーフィの思いが、わたしを襲う。

ジョン・コーフィ。
君の笑顔はすばらしい。

そのほかの登場人物、
たとえばパーシーとワイルド・ビル。

やるせない。

自業自得だなんて、
そんな簡単な結論、わたしには出せない。

見終わって数時間、
心が硬直したままだった。

神など存在しないようで
それともずっと彼らを
見守ってくれていたようでもあり・・・。

前に見たとき、
死刑なんてこの世からなくなればいいと願った。
そして今もこの瞬間、そう願う。

日が変わると、
また違う思いで満ちるのだけれどね。

雨に唄えば

「グリーンマイル」と同時に届いたのが、「雨に唄えば」。

古い映画なのに、見るのははじめて。
ずっと会いたいと願ってきたけれど、
やっと会えたね、Singin’ in the Rain!

助けられた。
届いた2本がこのペアでよかった。
硬直した心がほぐれ、

終始、にこにこ。
顔も心も。

“映画中の無名時代” の、
ドンとコズモのミュージカルが最高。

ミュージカル、いいなぁ。
見てこれだけ楽しいのだから、
舞台で演じたらもっともっと楽しいだろうよ。

思わず、近場のアマチュア団体を検索してしまった。
あった!
でも、きょうが公演だったの、残念!

なんちゃってね。