12月18日追記

本番は余裕の笑みで歌い切ってください。
毎日、「私は世界で一番美しい。おーっほっほっほ!」という気分で過ごしましょう。
がんばってね。

とのこと。(実妹からのメールです)
ありがとね。がんばる。

日々カランラカラと茶化しているオラには、ハードルが高すぎ。
想像しただけで、思わずガハハと笑ってしまうぜ。
(なんでオラ、この歌を選んだんじゃ?)

12月17日

お歌の練習に行ってきました。
「マツイシさん、(歌っているときの)顔が怖いわ~」
と笑う先生。

わたしはムゼッタなのだ。
なりきらなければならないのだ。
でも、でも、
「わたしってきれいでしょ」
「わたしのこの色気はどう?うふふ~」
って、いったい、どういう感じ?
どういう顔をするの?

でも、ムゼッタにならなくちゃ。
歌っているとき、わたしはマツイシではなく、ムゼッタ。
23日までに、なれるかしら。

「ムゼッタになれたら、自然に表情や声がムゼッタになるわよ」
と先生。(ううう)