世界で、
世界で、ですよ!
世界で、
何年も待ってやっと
やっと、ひとり生まれる!

というような。

そんな天才。
生まれながらの天才。

たとえば、今
NormaのCasta Divaに恋をしているのです。

歌うのは、世界の中でも、超のつく一流の面々。
空のかなたの別世界から、お声が届くようです。
聴き惚れます。

センセが、きょう、
仰せでした、
音大でも、そうした方(天才なお方)は
1年生で入ったときにすでに、
抜きん出るオーラがあって、
ポンポーンと首席で卒業し、
海外へ飛び立ち、
次々とコンクールで優勝し、
今も世界でご活躍。

ふむふむ、なるほど、さもありなむ。

がんばらなければ、イチローにはなれない。
でも、「がんばれば誰でもイチローになれる」、というわけではない。

庶民が嫉妬をするレベルをはるかに超えて、
かれらは神の域にあらせられます。
たとえば、Edita Gruberova。

今も、Normaを聴きながら、うっとりするのです。
(今年のクリスマスコンサートで、NormaのCasta Divaを、凡才でも歌ってよいのだ!お許しくださったセンセに感謝!)