もしもマリア・カラスだったなら、
1,000人の仲良しお歌クラブの中で
一緒に歌い始めたらば、
1,000人が一斉に振り返ることだろう。
わたしは(言うまでもなく、残念ながら)マリア・カラスではない。

ラ・ボエームを聴くとラ・ボエームに恋をする。
こんなにオペラが好きだったけか?と驚くわ。
ゼッテー、なんか住みはじめたよ、オラの中に。