乾杯の歌」。
歌劇「椿姫」の中で、アルフレッドとヴィオレッタが歌うアリア。
リンク先をクリックしていただくとメロディがあります。
みなさん、ご存じかもしれません。

クリスマスコンサートで歌う歌。
先生は「赤蜻蛉にしたらどうかしら?」と言ってくださっていたのに、
わがままでごめんなさい。
明るく元気な歌を、心が欲しているのです。
(歌劇の最期でヴィオレッタは死にますが、「乾杯の歌」の時点では病弱ながらも元気です)

きょう、授業の合間に52個の単語の意味を調べました
文章を一行ずつ、機械翻訳してみました。
「日本語歌詞」と、「直訳」がサイトにあったので、それと比較しながら、
なんとなく意味がつかめたかな。

  • 正確に楽譜で音を取る。
  • イタリア語を繰り返し、読む。
  • 意味を考えながら、感情を込めて読む。
  • イタリア語を音に乗せる。
  • 譜面を覚える。音程とリズムだけではなく。
  • イタリア語を覚える。

そこまで自分でやりなさい。きっとだぞ。
さぼらないこと。
でなきゃ、二度とわがままは言わせてもらえないと思いなさい。

音楽として磨きあげるのは、先生と一緒に。
そこからはさぞかし楽しい作業だろうて。(わくわく)