「親殺し」

(2009年5月25日推敲の上、改題。祈りをこめて・・・)

親と称される者たちは
一方的に期待を寄せ
濁った瞳で審判を下し
毒の直球を浴びせかける

デキソコナイ、ゴクツブシ、出てけ、死ね、エトセトラ

餓鬼はツラの半分に薄ら笑いを浮かべ
てめえらを喜ばせたところでな、と地にツバを吐く
学びを放棄し、働きに出ず、
心は肥溜めのごとく、宿すはどどめ色の感情ばかり

「コト」を成し遂げ

餓鬼は初めて味わう桃色気分に
満面やわらかにほころばせ
ザマアミロと、天を仰ぎ高らかに言い放つ

様を見たのが本当は誰なのか
君には永遠にわからない
仰ぎ見た「その」天に、神はいない

祈りと願い

少年Aの、一生逃れられないかもしれぬ絶望に対し
どうかいつか「愛」というものの存在を感じることのできる日が来ますようにと
そんな祈りと願いを込めて、上記、推敲してみた。

「ざま(様)を見ろ」

親は勝手に期待し、勝手に失望する
そして何のオブラートにも包まずに罵倒する
ゴクツブシだの生んだ覚えがないなどと

言われた子どもは眉間にしわよせ思考を停止
アイツラを喜ばすためになど、死んでも努力するものか
春夏秋冬、学業をするでもなく仕事につくでもなく
ザマアミロと吐き捨てる
本当にざまを見たのは己だということにも気づかずに