プチトマトの図(左枝のみ一部写真) 20080814 by Pixia古い記事の挿絵のため、プチトマトを描いた。

トマト部分だけで、9枚重ねた。
下地・・・影・・・光・・・枠線。

トマトの色がなかなか表現できず、
何回も下地を塗りなおした。
影と光の濃さを変えた。

トマトを描いている途中おいしそうに見えていたら、うれしい。

枝と葉は、手抜きだ、スマン。
枝の左部分は写真のままじゃ。


心臓模型を模写 by Pixia 080811(リンク先は見本画像)同じく記事の挿絵で、心臓模型も描いた。

生徒さんが
「赤ちゃんがいる!」
と言うてはった。

本当!
赤ちゃんがいる!


生まれたときから今まで
いつも描いていたわけじゃない。

下地、影、光を重ねて描いているトマトの図憑かれたように描く。
そして、ぱったり描かなくなる。
その繰り返し。

しょうもない。
いつもそうだ。

オリジナルな挿絵の率は、
ガガーッとアップし・・・そして・・・?

いんや。
お絵かきの生徒しゃんがおらしゃる限り、
んなことはあるめぇよ。

8月21日追記

別の生徒さんにお見せしたら
「どうして心臓の絵を描いたの?」
と。
「小さなトキメキ(ぷち恋)の詩の挿絵にするために、描いたんですよ」
と申しましたら
「センセーは変わってるねぇ~(わはは)」
と。

変わってる。ヘンなヤツ。

これは最大のほめ言葉。
まだまだ極めるには、道は険しゅうございます。