Illustratorクリエイター能力認定試験 出題範囲

基本操作
  • ファイル操作
    • 新規/開く/最近使った書類を開く/閉じる/保存/別名で保存※Illustrator形式のみ/[復帰]コマンド(3級)
    • 別名で保存/複製を保存※Illustrator/PDF/EPS/SVG/SVGZ(◇2級)
      • EPS:Encapsulated PostScript。ベクトル、ビットマップ、双方のデータを持つ。汎用性がある
      • SVG:Scalable Vector Graphics。XMLによって記述されたベクターグラフィック
      • SVGZ:圧縮SVG
    • 新規ドキュメントのプロファイル(Ver.CS3)(3級)
  • [プリント]コマンド(3級)
  • 操作の取り消し/操作のやり直し(3級)
    • 操作の取り消し:Ctrl+Z
    • 操作のやり直し:Ctrl+Shift+Z
作業エリア
  • ツールパネルの使用
    • ツールパネルの移動/表示/非表示/各種ツールの選択方法(3級)
    • 塗り/線/塗りと線を入れ換え/初期設定の塗りと線/カラー/グラデーション/なし(3級)
    • スクリーンモードの切り換え関連の機能と名称(◇2級)
      • 標準スクリーンモード
      • メニュー付きフルスクリーンモード
      • フルスクリーンモード:キーボードショートカット「F」で、フルスクリーンモードと標準スクリーンモードの切り替え
  • パネルの使用
    • パネルの移動/表示/非表示/パネルグループのドッキングと分離(3級)
      • Tab:ツールパネル、パネルの表示/非表示
      • Shift+Tab:ツールパネルを除くパネルの表示/非表示
    • パネルメニューの使用(3級)
      • ウィンドウメニュー→各パネルの表示、非表示
  • メニュー(3級) ※コマンドの詳細については関連する機能と共に出題される
  • その他
    • ステータスバー/ポップアップメニュー(コンテクストメニュー)/ショートカット(3級)
      • ステータスバー:現在のズームレベル、現在使用中のツール、現在使用中のアートボード、日付と時刻、取り消しとやり直しが可能な回数、ドキュメントのカラープロファイル、管理対象ファイルの状態(Version Cue ステータス)など
    • プラグインモジュールの使用(◎1級)
      • プラグインフォルダの場所は、環境設定ダイアログボックスで変更できる
        ただし、ファイルは自動で移動しない
      • プログラムは、オープンアーキテクチャなのでサードパーティプラグインの使用が可能
      • インストーラがない場合は、プラグインフォルダにドラッグし、Illustratorを再起動
  • 環境設定の概要
    • [環境設定]ダイアログボックス(3級)
    • 環境設定が保存されるファイルについて(◇2級)
      • 環境設定は、ファイルに保存される。ファイルを削除することで、初期化、再生成される(検索したがファイルが指定の場所になく、不明)
    • 環境設定
      • 一般
        • キー入力
        • 角度の制限:X軸とY軸の回転の設定ができる
          (できるクリエイター独習ナビ-2007.10.1初版-のP.126は、間違い?)
          数値を変更すると、リフレクトツールで水平にした場合など、「軸」の「水平」は変更された数値に基づく
        • 角丸の半径
        • 自動追加/削除しない:ペンツールがアンカーポイント上で、自動的に他のツールに切り替わらない
      • キー入力・オートトレース
        • オートトレース
          • 許容値:値が大きい=アンカーポイントの数が少ない=精度が低い
          • トレース間隔:値が大きい=パスが少ない=精度が低い
    • ワークスペース(Ver.CS2,CS3)(◇2級)
      • ウィンドウメニュー→ワークスペース→ワークスペースを保存
      • パネル、ツール、オプションバーなどの表示状態を保存できる
  • ショートカットのカスタマイズ
    • [キーボードショートカット]コマンド(◎1級)
      • 編集メニュー→キーボードショートカット
      • テスト書き出し:キーボードショートカットをテキストで書き出す機能
  • ドキュメント設定/ドキュメントのカラーモード
    • [ドキュメント(Ver.CS:書類)設定]ダイアログボックスの[アートボード]-[設定](3級)
    • [ドキュメント(Ver.CS:書類)設定]ダイアログボックスの[アートボード]-[画面]/[表示](Ver.CS3)(◇2級)
    • [ドキュメント(Ver.CS:書類)設定]ダイアログボックスのその他の設定項目(◎1級)
      • アートボード
      • 文字
        • 強調表示(代替フォント):インストールされていず別のフォントに置き換えられた場合、ハイライト表示
        • 強調表示(代替字形):異体字(正字体でないもの)をハイライト表示
        • 言語:使用言語とその言語で使用する引用符を設定
        • オプション:上付き文字、下付き文字、スモールキャプスのサイズと位置を設定
        • オプション(書き出し)
          (書き出しできないフォントの処理)

          • テキストの編集機能を保持:見た目より編集を優先
          • テキストのアピアランスを保持:見た目を優先(アウトライン化
      • 透明
        • 画面
          • グリッドサイズ:小、中、大
          • グリッドカラー:明、中、暗、レッド、オレンジ、グリーン、ブルー、パープル
          • 紙色のシミュレート:透明グリッドが表示されていないとき、カラーボックス(上)で設定した色でシミュレートできる
        • 書き出しとクリップボードにおける分割・統合
          (PostScript言語には「透明」という概念がなく、書き出す際には分割し、個別に色を設定する必要がある)

          • 設定:透明設定を含むオブジェクトを処理する際の画質設定
          • カスタム、高解像度、中解像度、低解像度
            • カスタム
            • ラスタライズとベクトルのバランス:透明なオブジェクトをベクトルで表示させるか、ラスターで表示させるか
            • ラインアートとテキストの解像度:ラスタライズ後の出力解像度
            • すべてのテキストをアウトラインに変換:チェックを入れることにより分割による影響を抑制する
            • すべての線をアウトラインに変換:チェックを入れることにより分割による影響を抑制する
    • 用紙設定(3級)
    • ドキュメント(Ver.CS:書類)のカラーモード(3級)
      • ファイルメニュー→ドキュメントのカラーモード→CMYKカラー、RGBカラーのいずれかを選択できる
  • 作業エリア
    • プリント可能範囲・プリント不可能な範囲/アートボード/スクラッチエリア(3級)
      • プリント可能範囲:一番内側の点線で囲まれたエリア
      • 用紙サイズ:内側から二番目の点線で囲まれたエリア
      • アートボード:実線
      • スクラッチエリア:アートボードの外側
    • ページツールを使用したページ境界の移動(◇2級)
    • 各種表示と非表示の切り換え(境界線/アートボード/ページ分割)(◇2級)
      • それぞれ、表示(Ver.CS:画面)メニューで、表示と非表示を切り替え
    • スライスの表示・非表示/ロック(◎1級)
      • 表示(Ver.CS:画面)メニュー→スライスの表示
      • 表示(Ver.CS:画面)メニュー→スライスのロック
    • コントロールパネル(Ver.CS3)(3級)
      • コントロールパネル:メニューバーの下に表示されるパネル
      • ウィンドウメニュー→コントロールパネルで、表示と非表示を切り替え
  • アートワークの表示
    • アウトライン表示/プレビュー表示/選択レイヤーのアウトライン・プレビュー表示(3級)
      • 表示(Ver.CS:画面)メニューのアウトライン または ショートカットキー:Ctrl+Y
    • オーバープリントプレビュー(◎1級)
      • 表示(Ver.CS:画面)メニューのオーバープリントプレビュー
      • オーバープリント
        • オフ:黒い文字の下に背景の印刷をしない。版ズレが生じると、文字と背景の間に白い隙間が生じる(昔のメンコなど)
        • 設定
          • オーバープリントするオブジェクトを選択→編集メニュー→カラーを編集(Ver.CS:フィルタメニュー→カラー)→オーバープリントブラック
          • オーバープリントするオブジェクトを選択→属性パネル→塗りにオーバープリント、線にオーバープリント
      • ピクセルプレビュー(◇2級)
        • 表示(Ver.CS:画面)メニューのピクセルプレビュー
    • 表示領域の移動/アートボードの拡大・縮小/ナビゲータパネル/スクロールバー/手のひらツール/ズームツール/コマンドによる表示サイズの変更/ステータスバーを利用した表示倍率の変更(3級)
      • 手のひらツールをダブルクリック:アートボードを全体表示(Ver.CS:全体表示)
      • ズームツールをダブルクリック:100%表示(Ver.CS:実寸表示)
    • [表示(Ver.CS:画面)]メニューの[新規表示(Ver.CS:新規画面)]コマンド/[表示の編集(Ver.CS:画面の編集)]コマンド(◎1級)
  • レイヤー
    • レイヤーパネルの使用
      新規レイヤー/オプション/レイヤーの階層/サブレイヤー/レイヤーパネルを使用したグループの操作(◇2級)

      • パネル下部:クリッピングマスクを作成、新規サブレイヤーを作成、新規レイヤーを作成、選択項目を削除
      • オプションメニュー:新規レイヤー、新規サブレイヤー、「○○」を複製、「○○」を削除、「○○」のオプション、クリッピングマスクを作成、編集モードを開始、編集モードを終了、オブジェクトの位置、選択レイヤーを結合、すべてのレイヤーを結合、新規レイヤーに集める、レイヤーに分配(シーケンス)、レイヤーに分配(ビルド)、順序を反転、テンプレート、他を隠す、その他をアウトライン表示/すべてのレイヤーをプレビュー、他をロック/すべてのレイヤーをロック解除、コピー元のレイヤーにペースト、パネルオプション
    • テンプレートレイヤー/テンプレートの表示・非表示(◇2級)
    • レイヤーパネルのその他の機能(◎1級)
      • レイヤーに分配(Webアニメーション作成に便利)
        • シーケンス:グループごとに新たに作成されたレイヤーに分配される(重複はない)
        • ビルド:新たに作成されたレイヤーに、1グループずつ増加して配置される(最上のレイヤーに、すべてのグループが配置される)
      • ○○のオプション:名前、表示、ロック
      • すべてのレイヤーを結合:選択されているレイヤーに対し、他のすべてのレイヤーが結合される
      • 新規レイヤーに集める:選択したオブジェクトを、新たに作成されたレイヤーに移動させる
      • パネルオプション:レイヤーのみを表示、行のサイズ(小、標準、大、その他)、サムネール(レイヤー、グループ、オブジェクト
描画
  • ベクトル画像とパスの要素
    • ベクトル画像/ビットマップ画像の概念(3級)
      • ベクトル画像:形状を数値で表す。拡大などで劣化しない。グラフィックツールで作成。ビットマップをベクトル化することは技術的に現段階で困難
      • ビットマップ画像:ピクセル(画素)の集合によって構成
    • パスの概要(セグメント/アンカーポイント/方向線/方向点)(3級)
  • パスの描画
    • 鉛筆ツール/ペンツール/長方形ツール/角丸長方形ツール/楕円形ツール/多角形ツール/直線ツール/円弧ツール(3級)
    • 精密なパスを作成するためのツールポインタの変更(◇2級)
    • スターツール/スパイラルツール(◇2級)
    • フレアツール(◇2級)
  • グリッドの作成
    • 長方形グリッドツール/同心円グリッドツール(◇2級)
  • ブラシ
    • ブラシツールを使用した描画/ブラシツールの環境設定(◇2級)
    • ブラシパネル(◇2級)
    • [ブラシライブラリ](◎1級)
      • ブラシの種類
        • カリグラフィブラシ(角度、真円率、直径/固定、ランダム、筆圧/0-180度、0-100%、0-1296pt)
        • 散布ブラシ(サイズ、間隔、散布、回転/固定、ランダム、筆圧・回転の基準/ページ、パス・彩色、キーカラー、ヒント)
        • アートブラシ(方向、サイズ、反転、彩色、キーカラー、ヒント)
        • パターンブラシ(サイズ、反転、フィット、彩色、キーカラー、ヒント)
      • ブラシパネルメニュー
        • 新規ブラシ
        • ブラシを複製、ブラシストロークを削除
          • アートワーク上で使用されている場合、ストロークを拡張するか、削除するか聞かれる
            • ストロークを拡張:ストロークがアウトライン化
            • ストロークを削除:ストロークが「線」になる
        • 未使用項目を選択(表示されているライブラリの中で、アートワークに未使用のブラシを選択)
        • カリグラフィブラシを表示、散布ブラシを表示、アートブラシを表示、パターンブラシを表示
        • サムネール表示、リスト表示
        • 選択中のオブジェクトのオプション(選択中のブラシストロークを編集)
        • ブラシオプション(アートワーク上の該当ブラシをすべて編集)(適用した場合)
        • ブラシライブラリを開く、ブラシライブラリを保存
  • トレース
    • オートトレースツール(Ver.CS)(◇2級)
      • ツールパネル→オートトレースツールで、下絵の境界線上でクリック
    • ライブトレース(Ver.CS2,CS3)(◇2級)
      • オブジェクトメニュー→ライブトレース
        • →作成
        • →作成して拡張
        • →作成してライブペイントに変換
        • →トレースオプション
    • ライブペイント(Ver.CS2,CS3)(◇2級)
    • [トレースプリセット]コマンド(Ver.CS2,CS3)(◇2級)
      • 編集→トレースプリセット
        • プリセット内容を作成、編集、ファイルに保存などができる(新規、編集、読み込み、書き出し)
  • 選択
    • 選択ツール/ダイレクト選択ツール/グループ選択ツール(3級)
    • なげなわツール(3級)
    • 自動選択ツール※自動選択パレットは2級から(3級)
      • 自動選択パレット:塗り、線、線幅、不透明度、描画モード
    • 基本的な選択コマンドすべてを選択/選択を解除(3級)
    • [選択]メニューから実行できる各種操作(◇2級)
      • →すべてを選択、作業アートボードのすべてを選択、選択を解除、再選択、選択範囲を反転、前面のオブジェクト、背面のオブジェクト、共通、オブジェクト、選択範囲を保存、選択範囲を編集
      • →共通
        • →アピアランス、アピアランス属性、描画モード、塗りと線、カラー(塗り)、カラー(線)、線幅など
      • →オブジェクト
        • →同一レイヤー上のすべて、方向線のハンドル、クリッピングマスク、余分なポイントなど
  • パスの編集
    • アンカーポイントの追加ツール/アンカーポイントの削除ツール/
    • アンカーポイントの切り換えツール(3級)
    • はさみツール(3級)
    • ナイフツール(◇2級)
    • [オブジェクト]メニューの[パス]から可能な操作
      • →連結、平均、単純化(◇2級)
      • →パスのアウトライン、パスのオフセット、アンカーポイントの追加、アンカーポイントを削除、背面のオブジェクトを分割、段組設定、パスの削除(◎1級)
        • 背面のオブジェクトを分割:前面のオブジェクトのパスの形状で、背面のオブジェクトが分割される
        • 段組設定:複数のオブジェクトを、横何段、縦何段、間隔何ミリ、などと、等間隔に並べる設定
        • パスの削除:印刷されない不要なオブジェクトの削除(余分なポイント、塗りのないオブジェクト、空のテキストパス)
    • [分割・拡張]/[アピアランスを分割]/[透明部分を分割・統合]コマンド(◎1級)
      • 分割・拡張(オブジェクトの塗りと線を分割し、線をアウトライン化)
      • アピアランスを分割(アピアランスをサポートしないバージョンで扱う目的で、プレーンなオブジェクトとして保存)
      • 透明部分を分割・統合
    • [ラスタライズ]コマンド(◎1級)
  • オブジェクトを使用した作業
    • 基本的なオブジェクトの編集操作
      移動/カット/コピー/ペースト/前面へペースト/背面へペースト/消去/最前面へ/前面へ/背面へ/最背面へ/現在のレイヤーへ(3級)
    • グループ/グループ解除(3級)
    • ロック・すべてをロック解除/オブジェクトの表示・非表示(◇2級)
  • オブジェクトの変形
    • 各変形ツール共通の使用方法
      基準点の設定/変形の繰り返し(3級)
    • 回転ツール/リフレクトツール/拡大・縮小ツール/シアーツール(3級)
    • バウンディングボックス/自由変形ツール(3級)
    • 変形パネル(◇2級)
    • リキッドツール
      ワープツール/うねりツール/収縮ツール/膨張ツール/ひだツール/クラウンツール/リンクルツール(◇2級)
    • リシェイプツール(◎1級)
    • スムーズツール/パス消しゴムツール(Ver.CS,CS2:消しゴムツール)(◇2級)
    • 消しゴムツール(Ver.CS3)(◎1級)
    • 鉛筆ツールの環境設定/スムーズツールの環境設定(◎1級)
      • エンピツツール環境設定ダイアログボックス
        • 許容値
          • 精度:2.5px(0.5-20px)
          • 平滑度:0%(0-100%)
        • オプション
          • 選択を解除しない:オン
          • 選択したパスを編集:オン
          • 範囲:12px
        • 初期化
      • スムーズツールの環境設定ダイアログボックス
        • 許容値
          • 精度:2.5px(0.5-20px)
          • 平滑度:25%(0-100%)
        • 初期化
    • ブレンドの作成/編集/オプション(3級)
    • [エンベロープ]コマンド(◎1級)
      • ワープで作成:円弧、下弦、上弦、アーチ、でこぼこ、貝殻(下向き)、貝殻(上向き)、旗、波形、魚形、上昇、魚眼レンズ、膨張、絞り込み、旋回/水平方向、垂直方向/カーブ(0-100%)、変形・水平方向(0-100%)、変形・垂直方向(0-100%)
      • メッシュで作成:メッシュ(行数、列数)
      • 最前面のオブジェクトで作成
    • 個別に変形/クリッピングマスク/複合パス(◇2級)
  • シンボルの操作
    • シンボルツール/シンボルパネル(◇2級)
    • [シンボルライブラリ](◎1級)
  • パスファインダ
    • パスファインダによるオブジェクトの合成
      形状エリアに追加/形状エリアから前面オブジェクトで型抜き/形状エリアを交差/重なり合う形状エリアを除外(3級)

      • 効果メニューのパスファインダ:対象がグループオブジェクトなどに限定される。適用後も元のオブジェクトを編集できる
      • パスファインダパネル:(Ver.CS [拡張]適用後は)元のオブジェクトを編集できない)
    • 複合シェイプ(◇2級)
    • その他のパスファインダ(◎1級)
      • 追加(形状エリアに追加):色は最前面のオブジェクトの色、(Ver.CS [拡張]適用後は)1つのオブジェクトになる
      • 交差(形状エリアを交差):選択されたすべてのオブジェクトに共通する重なり部分を抽出
      • 中マド(重なり合う形状エリアを除外)
      • 前面オブジェクトで型抜き:最背面のオブジェクトが、それ以外のオブジェクトで型抜きされる(最背面のオブジェクトのエリアが切り抜かれる)
      • 背面オブジェクトで型抜き:最前面のオブジェクトが、それ以外のオブジェクトで型抜きされる(最前面のオブジェクトのエリアが切り抜かれる)
      • 分割:
      • 刈り込み:
      • 合流:追加と似ているが、塗りの異なるオブジェクトは結合しない
      • 切り抜き:複数のオブジェクトが、最前面のオブジェクトで切り抜かれる(最前面のオブジェクトのエリアが残り、それ以外は削除される)
      • アウトライン:
      • 濃い混色:CMYKそれぞれの値の最大値をチョイスしてカラーを混合
      • 薄い混色:
      • トラップ:明るい方のカラーが暗い方のカラーにオーバープリント(版ズレを防ぐ目的)
  • フィルタ/効果
    • [フィルタ]メニューの[スタイライズ]から使用できるフィルタ/[効果]メニューの[スタイライズ]から使用できる効果(◇2級)
    • その他のフィルタ/その他の効果(◎1級)
  • 定規/ガイド/グリッド
    • 定規とガイドの使用(定規ガイド/ガイドオブジェクト)(3級)
    • グリッド(3級)
    • スマートガイド/透明グリッド(◇2級)
    • ポイントにスナップ
      • スナップさせたいアンカーポイントにポインタをあわせ、ポインタの右下に白い四角が表示されたらドラッグを開始。ポインタが黒から白に変化する場所がスナップする場所。
  • その他
    • 情報パネル/整列パネル/ものさしツール(◇2級)
    • 属性パネル(◎1級)
      • 塗りにオーバープリント、線にオーバープリント
      • 中心を隠す、中心を表示、パスの方向反転をオフ、パスの方向反転をオン、塗りにワインディング規則を使用、塗りに奇遇規則を使用
      • イメージマップ:なし、長方形、多角形、ブラウザ、URL
塗りと線
  • カラーモデル
    • 各カラーモデルの概念と特徴、
      グレースケール/RGB/HSB/CMYK
      ※カラーモデル変更の操作のみ3級、カラーモデルの概念と特徴に関する知識を2級とする。(3級)
  • ペイント操作
    • ツールパネル/カラーパネル/線(Ver.CS:線種)パネル※線幅のみを3級とする(3級)
    • 線(Ver.CS:線種)パネル※線幅以外のすべての属性(◇2級)
    • スポイトツール/ライブペイントツール(Ver.CS塗りつぶしツール)/ライブペイント選択ツール(Ver.CS2.CS3)(◇2級)
  • 透明
    • 不透明度の設定(3級)
    • 描画モードの選択(◇2級)
      • 通常、比較(暗)、乗算、焼き込みカラー、比較(明)、スクリーン、覆い焼きカラー、オーバーレイ、ソフトライト、ハードライト、差の絶対値、除外、色相、彩度、カラー、輝度
    • 不透明マスクの作成/その他(◎1級)
  • グラデーション
    • グラデーションパネル/グラデーションツール(3級)
    • メッシュツール(◇2級)
  • スウォッチ/パターン
    • パターンの作成/塗りへのパターンの設定(◇2級)
    • スウォッチパネル(◇2級)
      • パネル下部:スウォッチライブラリメニュー、スウォッチの種類メニューを表示、スウォッチオプション、新規カラーグループ、新規スウォッチ、スウォッチを削除
    • [スウォッチライブラリ](◎1級)
  • カラーガイド(Ver.CS3)
    • カラーガイドパネル(◇2級)
    • ライブカラー(Ver.CS:カラー調整フィルタ?)(Ver.CS4:オブジェクトを再配色)(◇2級)
      • 編集メニュー→カラーを編集→オブジェクトを再配色
      • カラーガイドパネル→カラーを編集または適用
  • アピアランス(◇2級)
    • アピアランスパネル
      • パネル下部:新規線を追加、新規塗りを追加、新規効果を追加、アピアランスを消去、選択した項目を複製、選択した項目を削除
  • スタイル
      • グラフィックスタイルパネル(◇2級)
    • [グラフィックスタイルライブラリ](◎1級)
  • 特色(◎1級)
文字
  • 文字の作成
    • 文字ツール(3級)
    • エリア内文字ツール/パス上文字ツール/文字(縦)ツール/エリア内文字(縦)ツール/パス上文字(縦)ツール(◇2級)
  • 文字属性
    • 文字(Ver.CS:文字設定)パネル/段落(Ver.CS:段落設定)パネルの表示(3級)
    • フォント/フォントスタイル/フォントサイズの変更(3級)
    • 文字(Ver.CS:文字設定)パネル/段落(Ver.CS:段落設定)パネルから設定可能なすべての文字属性(◎1級)
  • 文字関連の機能
    • テキストオブジェクトのリンク/回り込み/段組設定(◇2級)
    • アウトラインの作成(◇2級)
    • その他の文字関連の機能
      OpenTypeパネル/タブパネル/検索・置換/フォント検索(Ver.CS:フォントの検索・置換)/スペルチェック/大文字と小文字の変更(Ver.CS:大・小文字の変更)/句読点の自動調節/グリフレット/その他(◎1級)
グラフ
  • グラフ概要
    • Illustratorがサポートするグラフの種類(◇2級)
  • グラフの作成/編集
    • グラフツール(◇2級)
    • グラフデータの入力と編集(◇2級)
    • グラフのデザインの変更(◇2級)
読み込みと書き出し
  • ファイル形式
    • 各ファイル形式の概要※詳細な知識は1級とする
      Illustrator/Photoshop/EPS/PDF/JPEG/GIF/PICT/BMP/TIFF/Flash(SWF)/SVG/SVGZ(◇2級)
    • 画像の圧縮に関連した知識(◎1級)
  • スライスの作成
    • スライスツール/スライス選択ツール(◎1級)
  • データ書き出し
    • BMP/GIF/Photoshop/TIFF/JPEG/PICT/Text/Flash(SWF)/SVG/SVGZ(◇2級)
      • TIFF:ティフ、Tagged Image File Format。ビットマップ画像の符号化形式の一種
      • PICT:Mac OSが標準でサポートしている画像形式の一つ
    • [Webおよびデバイス用に保存(Ver.CS,CS2:Web用に保存)]コマンド(◇2級)
    • SVGインタラクティビティ(◎1級)
      • SVGインタラクティビティパネル
        • Web用に書き出す目的で、JavaScriptコマンドを定義できる
        • パネル下:JavaScriptファイルをリンク、選択したエントリを削除
        • パネルメニュー:イベントを削除、イベントを消去、JavaScriptファイル
    • イメージマップの作成(◎1級)
  • 読み込み/配置
    • Illustrator形式以外のファイルを開く(◇2級)
    • [配置]コマンド(◇2級)
    • リンクパネル(◎1級)
      • パネルボタン:リンクを再設定、ジャンプ、リンクを更新、オリジナルを編集
      • リンク情報:(リンクパネルの該当ファイルをダブルクリックすると表示される)名前、ファイルの位置、サイズなど
      • リンク元を変更→[・・・更新しますか?]というメッセージ→「はい」→[・・・置き換えますか?]→置換、無視、キャンセル
      • 再起動→[・・・見つかりません]→リンクパネルには情報が残る
  • Photoshopとの連携(◎1級)
    • Photoshop のほとんどのデータを「開く」、「配置」、「ペースト」ドラッグ&ドロップなどにより受け取り、編集できる。
      • レイヤーを保持したまま読み込むには、リンクをオフで配置。
      • 読み込みオプションダイアログボックスで、、「Photoshop レイヤーをオブジェクトに変換し、可能な場合編集機能を保持」を選択。
      • イメージマップやスライスは、「イメージマップの読み込み」または「スライスの読み込み」を選択。
  • AdobeFlashとの連携(Ver.CS3)(◎1級)
  • AdobeBridgeの使用(Ver.CS2,CS3)(◎1級)
  • AdobeDeviceCentralの使用(Ver.CS3)(◎1級)
プリント
  • 商業印刷に関連した知識/PostScriptに関する知識(◎1級)
  • 商業印刷に関連したIllustratorの機能
    • トリムエリア(Ver.CS:トンボ)/トリムマーク/トリムエリアツール(Ver.CS3)(◎1級)
    • 色分解/PPDファイル/オーバープリント/レジストレーションカラー(◎1級)
      • PPD:PostScript Printer Description (ポストスクリプト・プリンタ・デスクリプション)
        • PostScript プリンタの機能が記述されたテキストファイル。プリントメーカーが作成
          • 例:PostScript の Level 2 を理解します
          • 例:カラー・プリンタです
    • カラーマネージメント/校正設定/色の校正(Ver.CS:カラーを校正)(◎1級)
    • その他商業印刷関連の機能
      グラデーションのプリント/ファイル情報/プリンタのパフォーマンスの向上/その他(◎1級)
  • ファイルへのメタデータの追加(◎1級)
    • メタデータとはファイル情報(内容に関する情報、著作権の情報、作成元、書類の履歴など)のこと
    • ファイルの検索に使用できる
    • ファイル→ファイル情報。作成日など以外は、自分で情報を入力する
自動処理
  • 新規アクション/記録開始/アクションの保存/アクションの読み込み/バッチ(◎1級)
  • アクションの実行(◎1級)
  • スクリプト(◎1級)
    • Microsoft Visual Basic、AppleScript、JavaScript などのさまざまなスクリプト作成環境をサポートしている
    • ファイル→スクリプト→書類をFlashとして書き出し、書類をPDFとして保存、透かしを追加、選択テキストにスタイルを適用、選択テキストのサイズを変更
アクションパネル
  • 消去と削除
    • アクションを消去(アクションパネルメニュー):
      アクションをすべて消去しますか?というダイアログボックスが表示される
    • 選択項目を削除(アクションパネル下部のゴミ箱アイコン):
      選択項目を削除しますか?というダイアログボックスが表示される
  • ダイアログボックスの表示を切り替え
    • オン:ダイアログボックスが開く
    • オフ:ダイアログボックスを経由せず、ダイレクトにコマンドを実行
  • コマンドの実行を切り替え
    • アクションセットを実行したとき、チェックボックスがオンの項目を実行
    • アクションセットを実行したとき、チェックボックスがオフの項目は実行しない
  • 再生オプション:パフォーマンスとして、以下オプションを選択できる
    • 高速
    • ステップごと
    • 一時停止
  • 新規セットを作成
    • アクションをグループにし、まとめて実行できる
  • 新規アクションを作成
    • 新規アクションダイアログボックスが表示され、記録ボタンをクリックすると、記録が開始される
      • 名前
      • セット
      • ファンクションキー
      • カラー
  • メニュー項目を挿入
    1. アクションを選択
    2. アクションパネルメニューのメニュー項目を挿入をクリック
    3. メニュー項目を挿入ダイアログボックスが表示される
    4. メニューバーからコマンドを選択
    5. OKをクリック
  • 選択したパスを挿入
    1. 記録
      1. パスを選択
      2. アクションパネルメニューの選択したパスを挿入をクリック
    2. 再生
      1. 塗りと線をコピーをコピーしたいオブジェクトを選択
      2. アクションパネルの選択したパスを挿入をクリック
      3. 選択項目を実行をクリック
    3. 結果
      1. 記録したパスと同じサイズ、同じ形状(長方形なら長方形)のオブジェクトが
      2. 記録した位置と同じ位置に
      3. 再生時に選択されていたオブジェクトの塗り(色、パターン、グラデーションなど)と線(色、パターン、グラデーション、太さ)で
      4. 挿入される
      5. (破線、塗りの追加など、挿入されないものもある)
  • オブジェクトを選択
    1. アクションパネルメニューのオブジェクトを選択をクリック
    2. オブジェクトを選択ダイアログボックスが表示される
    3. メモを入力し、OKをクリック
    4. (記録したアクションを実行すると、属性パネルで同一のメモを持つオブジェクトがすべて選択される)