Adobe Illustrator、6月14日(2級)、21日(1級)の試験に向けて目下勉強中。 

練習メモ用として、下から上に新しい記事を積み上げます。

筆記試験
  • 3級知識練習問題:95% 91問中86問正解 ケアレスミス2問
  • 3級知識模擬問題:93% 44問中41問正解
  • 2級知識練習問題:96% 75問中72問正解 ケアレスミス1問
  • 2級知識模擬問題:93% 44問中41問正解 ケアレスミス1問
  • 1級知識練習問題:87% 62問中54問正解 ケアレスミス2問
  • 1級知識模擬問題:87% 47問中41問正解
SVG-Scalable Vector Graphics
  • XMLによって記述されたベクターグラフィック言語
  • またはSVGで記述された画像フォーマット

※ ここにリンクされている画像は、SVG形式

文字幅の調整(文字パネルメニュー)をオンにする
  • 特徴
    • 見た目と読みやすさで最適な文字間隔が自動設定される
    • テキストレイヤー上のすべての文字に適用される
  • デメリット
    • 20pt未満の文字 をオンラインで表示する場合、読みにくくなる場合がある
  • デメリットの改善方法
    • 文字幅の調整をオフにし、文字間隔を全ピクセル増分に固定
ラスタライズ(オブジェクトメニュー)

クリッピングマスクを作成

  • クリッピングマスクを作成 オン:オブジェクトの形状でクリッピングマスクを作成
  • クリッピングマスクを作成 オフ:
パスファインダ
  • 形状モード
      • 複合シェイプになる
    • 合体
    • 前面オブジェクトで型抜き
    • 交差
    • 中まど

    パスファインダ

  • パスファインダ
      • 重なり合った複数のオブジェクトを、分割する
      • 重なり合い重複するエリアは、最前面を残して削除される
      • 複合シェイプにはならないので、それぞれのパーツを編集できるする
    • 分割
    • 刈り込み
    • 合流
    • 切り抜き:最前面のオブジェクトで切り抜き
      クリッピングマスクと似た効果
    • アウトライン:塗り:ナシ、線:分割
    • 背面オブジェクトで型抜き
    • トラップ

    • トラップ:明るい方のカラーが暗い方のカラーにオーバープリント
アクションパネル
  • 消去と削除
    • アクションを消去(アクションパネルメニュー):
      アクションをすべて消去しますか?というダイアログボックスが表示される
    • 選択項目を削除(アクションパネル下部のゴミ箱アイコン):
      選択項目を削除しますか?というダイアログボックスが表示される
  • ダイアログボックスの表示を切り替え
    • オン:ダイアログボックスが開く
    • オフ:ダイアログボックスを経由せず、ダイレクトにコマンドを実行
  • コマンドの実行を切り替え
    • アクションセットを実行したとき、チェックボックスがオンの項目を実行
    • アクションセットを実行したとき、チェックボックスがオフの項目は実行しない
  • 再生オプション:パフォーマンスとして、以下オプションを選択できる
    • 高速
    • ステップごと
    • 一時停止
  • 新規セットを作成
    • アクションをグループにし、まとめて実行できる
  • 新規アクションを作成
    • 新規アクションダイアログボックスが表示され、記録ボタンをクリックすると、記録が開始される
      • 名前
      • セット
      • ファンクションキー
      • カラー
  • メニュー項目を挿入
    1. アクションを選択
    2. アクションパネルメニューのメニュー項目を挿入をクリック
    3. メニュー項目を挿入ダイアログボックスが表示される
    4. メニューバーからコマンドを選択
    5. OKをクリック
  • 選択したパスを挿入
    1. 記録
      1. パスを選択
      2. アクションパネルメニューの選択したパスを挿入をクリック
    2. 再生
      1. 塗りと線をコピーをコピーしたいオブジェクトを選択
      2. アクションパネルの選択したパスを挿入をクリック
      3. 選択項目を実行をクリック
    3. 結果
      1. 記録したパスと同じサイズ、同じ形状(長方形なら長方形)のオブジェクトが
      2. 記録した位置と同じ位置に
      3. 再生時に選択されていたオブジェクトの塗り(色、パターン、グラデーションなど)と線(色、パターン、グラデーション、太さ)で
      4. 挿入される
      5. (破線、塗りの追加など、挿入されないものもある)
  • オブジェクトを選択
    1. アクションパネルメニューのオブジェクトを選択をクリック
    2. オブジェクトを選択ダイアログボックスが表示される
    3. メモを入力し、OKをクリック
    4. (記録したアクションを実行すると、属性パネルで同一のメモを持つオブジェクトがすべて選択される)
パターンの変更
  1. オブジェクトの選択を解除
  2. スウォッチパネルから、変更するパターンスウォッチをアートボードにドラッグ
  3. アートボード上で編集
  4. 編集を終えたパターンを、スウォッチパネルに、Altを押しながらドラッグ
  5. 該当するパターンスウォッチの真上で、ドロップ
  6. スウォッチパネルのパターンが置き換えられ、
    同時に、編集中のファイルの、すべてのパターンが更新される
縦組み、横組み

縦組み、横組み

  • エリア内文字オプションでの縦組み:段組の回り込み順を縦にするか横にするか
  • 書式メニューの[組み方向]での縦組み:文字列を縦書きにするか、横書きにするか
分割・拡張

分割・拡張

  • グラデーションの塗りが設定されているオブジェクトを、個数指定して分割
    分割されたオブジェクトの塗りは、単色
  • 線と塗りを分割できる
  • 塗り:単色、線:なしのオブジェクトは、分割・拡張できない
  • 塗りや線をアピアランスパネルで追加したオブジェクトは、
    [アピアランスを分割] したのちであれば [分割・拡張] が可能

1級実技模擬問題完成

1級実技模擬

手順1から手順12まで順番にやっていくと、時計の広告が完成する。

正答例と異なるところ

右下画像は、修正し終わったもの。

1級実技模擬問題修正バージョン1.文字盤の作成

「マスク編集モードを終了し」・・・。
ここが重要。
そのキーワードを把握すれば正答例と同じ結果になる。

  1. 文字盤最下層の円を作成
  2. 同じ大きさの円を作成し、グラデーションを設定し、コピー
  3. マスクサムネール領域(右)をダブルクリック
    (レイヤーパネルで、マスク編集モードになっていることを確認)
  4. 前面へペースト
  5. グラデーションを設定
  6. マスクサムネール領域(左)をダブルクリック
    (レイヤーパネルで、マスク編集モードが解除されていることを確認)

2.ベゼルの作成

ベゼルパターンブラシの作成にしくじったらしく、お手本と違う。
見比べて違うという場合は、まず自分を疑うべし。
この試験は、精度、信頼性が高いと、
サーティファイの担当者とのメールのやりとりで感じた。

2級実技模擬問題完成

2級実技模擬

1問目から16問目まで順番にやっていくと、看板を手にするコックさんの絵が完成する。
イラストを仕上げていく過程を学べて、とてもおもしろい。

3級実技模擬問題完成

3級実技模擬

1問目から12問目まで順番にやっていくと、海と船の絵が完成する。
実技はおもしろいが、3択、4択形式の問題は非常にかったるい。

1級実技練習

問題集発行のサーティファイに問い合わせメールをいたしました。
返事をちょうだいし、それに対し、お礼とお願いのメールを出しました。(5/25)

ラスタライズのちフィルタ

ラスタライズ→フィルタ
  • グラデーションを適用した長方形
  • ラスタライズ (効果でなく編集のラスタライズ)
  • 水晶フィルタ (効果でなくフィルタの水晶)
  • (上記操作により画像はビットマップ化し、アピアランスパネルで元に戻すことはできなくなる)
  • (効果のラスタライズ→効果の水晶フィルタならば、アピアランスパネルで元に戻すことができる)

完成例:アピアランスパネルに、塗り、ラスタライズ、水晶の設定が表示されていない。
完成例が適当すぎ。
これを頼りに勉強する身になってくれ。

わたしが間違っていた。申し訳ない。

上下左右にブレンド

上下左右にブレンド
  • 編集→カラーを編集→左右に編集(一番上と一番下の行)
  • 編集→カラーを編集→上下に編集(一列ずつ)

パスファインダによる混色

パスファインダによる混色
  • 左:濃い混色
  • 右:薄い混色。混合率50%
立体的な文字

立体的な文字

  1. 文字を書く
  2. アウトライン化
  3. コピーし、前面へペースト
  4. キーボードの矢印キーで1pt左へ、1pt上へ移動(ここが曲者)
  5. グループ解除
  6. 一文字ずつ、背面オブジェクトで型抜き
ブレンド

ブレンド

  • 10ptの太さの黒い線
  • 0.25ptの太さの白い線(前面へペースト)
  • ブレンド(スムーズカラー)
ブレンド

ブレンド

  1. スパイラルオブジェクトと、大きさと線の色の異なるふたつの正方形を描画
  2. スパイラルオブジェクトの中心のアンカーに、小さい正方形の中心を合わせて配置
  3. スパイラルオブジェクトの外側のアンカーに、大きい正方形の中心を合わせて配置
  4. 3つのオブジェクトを選択し、ブレンド(ステップ50)
ロゴの作成

ロゴの作成

  1. リシェイプツール
  2. 形状エリアから前面オブジェクトで型抜き
  3. 拡張
ランダムなオブジェクト

ランダムなオブジェクト切り方、変形の数値は、「適度に」「ランダムに」でっせ。(やっかいだな)

  1. 長方形を描画
  2. 指定のグラデーションを設定
  3. ナイフツールで適当に切る
  4. [個別に変形]で適当に変形させる(コピー)
  5. 同じ設定であらためてすべてを選択しなおし、もう一度変形させる(コピーOK)

完成例:問題のミスでは?
「コピー」ボタンをクリックするので、変形する前の長方形の原型が残るハズ。

わたしが間違っていた。申し訳ない。

アートブラシ

アートブラシ

  1. 長方形を描画
  2. 指定のグラデーションを設定
  3. 分割・拡張で、10個に分割
  4. ブラシに登録(左から右にストローク、色合いを付ける)
  5. 作成したブラシで曲線を描画
新規パターンブラシ

どんぶりパターンブラシ問題:右のパターンブラシを作成せよ。

順番の法則が難しい。
試行錯誤の必要あり。

どんぶりマーク

条件指定がなければ楽なのに、以下の条件でやれってところが難しい。

どんぶりマーク

  • パスのオフセット
  • パスの削除、連結
  • コピー、回転、移動
  • 平均、連結
スプレー

スプレー写真画像を参考に、一からすべてを描きあげます。

  1. 線を描く
  2. セグメントを削除
  3. アンカーポイントを連結
  4. レイヤーパネルで配置順序を変更
  5. グラデーションの塗りを作成(塗りの色は指示あり)

完成例:グラデーションの角度や長さを工夫して、パーツが際立つようにする。

2級実技練習
gifファイルの作成

(Dreamweaverで透過gifを作っていたけれど、それよりずっとおりこう!)

文字デザイン

文字デザイン

  1. アウトライン化
  2. 「f」の横棒を「i」まで伸ばす
  3. 「i」の点を削除し、正円で描き彩色
グラデーションメッシュ

植木鉢のグラデーションメッシュの作り方

  1. 右辺と下辺のメッシュポイントを選択し、Kを70%にする
  2. 左から二列目、上から1~3段目までの3つのメッシュポイントを選択し、Kを10%にする