第1回(須藤)、第2回(須藤)、第3回(須藤)、第4回(須藤)、第6回(高平)、第7回(梶谷・李)、第8回(須藤)、第9回(須藤)、第10回(長矢)、第14回(須藤)、第15回(須藤)、第16回(須藤)、第18回(須藤)

アダムジャパンアダムジャパンのあゆみ

  1. 1970年 有限会社アダムカスタムキュージャパン設立
    現在、ゴルフクラブのトップブランドであるキャロウェイ副社長リチャード・チャールズ・ヘルムステッターが社長に就任
  2. 1986年 高平睦生、社長就任
  3. 1999年 株式会社アダムジャパン設立。狭山市下広瀬に本社を移転
  4. 2000年 MUSASHI発売
  5. 2010年 MUSASHI A40発売
  6. 2015年 新製品発売予定
ものづくりのこだわり
アダムジャパンのものづくりアダムジャパンのものづくり
  1. 1グラム、0.1ミリ、1%のバランスがプレイに影響する
  2. 世界チャンピオンが求めるキュースティックの<精度>
  3. アダムジャパンのモノづくりへのこだわり
    1. どのキューメーカーも作り出せないような、構造・打球感のキューを常に追い求める
    2. 最高の技術を駆使し、高性能のキューを世に送り出す
  4. 最高傑作「MUSASHI」ブランドの誕生

なぜ木にこだわるか
木は変形する木は変形する
  • 曲がらないための工夫
    • 木を選ぶ
    • とことん乾かす
    • 木を組み合わせる(世界一を誇るアダムの技術)
    • 中央に芯を入れる(アダムの特許)
  • 曲がらないための試行錯誤の数々
    • 油で煮る
    • 真空装置
    • 電子レンジなどなど
ビリヤードの基礎知識
ビリヤードの道具ビリヤードの道具
  • テーブル
    • スレートと呼ばれる石板をラシャ布で覆ったもの(約300Kg)
  • キュー
    • 球を撞(つ)く棒状の道具。先が細く柄が太い。
  • ボール
    • 硬質プラスチックを素材とし、非常に精密。
      (昔は象牙など)
ビリヤードの種類とルール主な種類とルール
  • キャロム
    • 玉は3~4個
    • (クッションに3回バウンドさせてから)手玉を的玉にあてる
    • ヨーロッパ、東南アジアなど
  • スヌーカー
    • 玉は22個
    • 赤、カラーボール、赤、カラーボールの順番で、ポケットに入れる
    • イギリス、カナダなど
  • ポケット
    • 玉は16個
    • ボール番号の小さい順に、ポケットに入れる
    • 日本、アメリカなど
内外で活躍するビリヤードのトップ選手たちビリヤードの選手
日本におけるビリヤードの歴史1ビリヤードの歴史1
  • 18世紀中頃に長崎出島のオランダ商館にビリヤードが持ち込まれる。
  • 長崎歴史文化博物館に所蔵されている蒔絵に「ポート&キング」と呼ばれるゲームをする様子が描かれている。
日本におけるビリヤードの歴史2ビリヤードの歴史2
  • 大正天皇は「最低限社交ダンスとビリヤードを たしなめるようでなければ、諸外国と対等にはつきあえない」 とし、紳士淑女のスポーツとして、ビリヤードを推奨。
    当時は、男女正装してのビリヤード社交場がありました。
  • 2012年6月に亡くなられた 「ひげの殿下」三笠宮寛仁さまは、 社団法人日本ビリヤード協会の総裁として ビリヤードの発展にご尽力くださいました。
    心よりご冥福をお祈り申し上げます。
日本と諸外国とのビリヤードの扱いの差日本と諸外国との違い
  1. 海外のメディアでの扱い
    1. 新聞 (大会結果が紙面トップを飾る)
    2. テレビ (大会は各国で生中継される)(BBCでは、年間180時間放映)
  2. 有名選手の待遇
    1. 海外の選手は(日本の選手も海外では)タレント、英雄扱い。大勢の人に囲まれる
    2. 海外の選手は、CM出演など、スポンサーがつく
  3. 大会の規模と賞金
    • 日本のプロ選手は、バイトをしないと生活できない
  4. 海外のビリヤード場の数と規模
    • 30台のビリヤード台があるようなビリヤード場が町にいくつもある
  5. コーチ制度
    • 日本にはコーチ制度がないため、選手は客観的な練習を行うのに苦労する
日本での今後のビリヤード今後のビリヤード
  • 天候、性別、年齢に左右されない。
  • 60歳からスタートしても、上達し続けられる。82歳での優勝例あり。
  • 高齢者の健康、体力づくりに有効であると実証されている。
  • 各町内会に1台、ビリヤード台を!
  • 法律的な扱いが、日本ではパチンコやトランプと同じ。ぜひ「野球」の仲間に!
キュースティックの基礎知識
ノーマルシャフトとハイテクシャフトノーマルシャフトとハイテクシャフト
  • ノーマルシャフト:木を削った1本物。(従来の製法)
  • ハイテクシャフト
    • 中央に(グラスファイバーなどの)芯を入れる、複数のピースを貼り合わせる(=ハギ)など
    • ハイテクシャフトには、
      • スピンをかける際の横方向のズレを減らす
      • パワーを拡大する・・・などの効果がある
    • 各メーカーが、続々と高性能なハイテクシャフトを開発している。
    • プロ選手の多くが、ハイテクシャフトを使用している
プロダクションキーとカスタムキュー
  • プロダクションキュー・・・大量生産されるキュー(数万円~)
  • カスタムキュー・・・オーダー生産される1本もののキュー、など(数万円~数百万円)
シャフトの構造(ノーマルシャフトとハイテクシャフト)ノーマルシャフトとハイテクシャフト(シャフトの構造)
  • ハイテクシャフト
    • ハギ
      • 4分割、8分割、12分割
      • 芯あり、芯なし
      • 竹、スチールパイプ、グラスファイバー
  • 芯とは:中央に穴をあけて埋め込むアダムの特許
  • ハギとは:世界有数のアダムの職人の技術
インレイインレイ
  • インレイとは、貝殻、象牙、石、宝石などを埋め込んだ装飾のこと
キュースティックができるまで
  1. 本ハギ木材の乾燥1
    • シャフト材のカナディアンメイプルは数カ月乾燥させる。
    • バット材の銘木木材も、長期間乾燥させる。
    • 乾燥機や乾燥室に置く期間を長くすることで、木材は安定し、曲りやくるいは少なくなる。
  2. 本ハギ
    • バット部を「ハギ」と言われる工法で組む。これは、本ハギといい、アダムは世界一の技術を誇る。この作業がキュースティックの良し悪しを左右する。
  3. インレイ
    • インレイとは、貝殻、象牙、石、宝石などを埋め込んだ装飾のこと
    • パソコンでデザインを起こし、NC彫刻機でバット部を切削する。オス側とメス側の作業を同時に行う
  4. シャフトの丸削り加工
    • シャフト専用の丸削り機で何度も削り、 少しずつテーパーを仕上げていく
  5. インレイ木材の乾燥2
    • 本ハギやインレイを施したバットは 製作中何度も乾燥室で乾燥させる
      シャフトも製作中何度も乾燥室で乾燥させる
  6. ジョイントの取り付け
    • バット側にジョイント加工をし、ジョイントピンを取り付ける。キューの心臓部とも言える場所なので、細心の注意が必要
    • シャフト側にもジョイント加工をし、パイプネジを取り付ける
  7. シャフトフェーラルの取り付け
    • シャフトの先端に先角(さきづの)(=フェーラル)とタップを取り付ける
  8. ジョイント削り
    • バットとシャフトのジョイントのサイズを合わせ、削りをおこなう
    • サイズ合わせの為、シャフトも同様に削る
  9. 磨き
    • ロールサンダー機を使用し、 サンドペーパーでキューの表面が滑らかになるように整える
  10. 塗装
    • 自動塗装機によるコーティング.。
      より美しく仕上げる為、 1日2回、15~20工程行う。
  11. グリップの仕上げ
    • 握りの部分(グリップ)に麻糸または本革を巻く
  12. 検品、梱包、出荷
    • 曲り、ウェイト調整、傷などを綿密に検品