似顔絵は、本人と酷似している場合は肖像権、さらには、その似顔絵で利益を得る場合はパブリシティ権に抵触する可能性があるようです映画「ザ・マジックアワー」。
夫と見てきました。
ご機嫌!

三谷幸喜さんは、日ごろ映画を見るにつれ、
「こうだったらもっといいのになぁ~」
という不満をためこみ、
それを一気に自作で解消するのかな、
てな勝手な想像をしました。

たとえば、
映画の中で意味深な表現をしておきながら、
最後までモヤモヤのままってことがよくあるのよね。
短い時間に枠に多くを詰めようとすると、細かいところで未消化の部分が出る場合があるのかも。

三谷さんはアレコレたくさんやっているようで、実は「少しのこと」を「豊かに」見せている。
ストーリーは単純明快。 だけど、楽しみはたっぷり。
どの監督さんもていねいに作っているのだろうけれど、オイラは「三谷的ていねいさ」にはまったのさ。

役者さん、みんなよかった。
それに、エピローグ エンドロールでも、ちゃんと楽しませてくれてうれしかったよん。

近いうちにもう一度見に行くかも。
二度目に新たな発見をするのもまた、ワクワク!