高校生の姪(実妹の長女)が、出るということで、
3月27日に、歌劇「ラ・ボエーム」を観に行くことになりました。
(姪は児童合唱の一員として、舞台に立ちます)

それにさきがけて、DVD(これ)を、ここから借りる手はずになっています。

できるだけレンタルで、と思ったのですが、
クラシックでしかもオペラとなると、なかなかないですね。
CDは買いました。
全幕の歌詞と対訳がついていて、うれしいです。参考になります。
わたしのものなのだから、ボロボロになるまで読むことにします。

一生に一度きりのオペラ鑑賞になるものと思われますから、
「予習」をがんばります。気合が相当に入ってます。
きょうこれから外勤ですが、往復の車内で流しっぱなしの予定です。

上演内容

プッチーニ作曲 歌劇「ラ・ボエーム」La Boheme
全4幕 イタリア語上演・日本語字幕付
字幕付原語(イタリア語)
台本:ルイージ・イッリカ及びジュゼッペ・ジャコーザ
作曲:ジャコモ・プッチーニ
神奈川県民ホール・びわ湖ホール共同制作 東京二期会共催
指揮:沼尻竜典
演出:アンドレアス・ホモキ
出演:ミミ 浜田理恵、ロドルフォ 志田雄啓他
合 唱:びわ湖ホール声楽アンサンブル、二期会合唱団
児童合唱:神奈川県立弥栄高等学校合唱部
管弦楽:神奈川フィルハーモニー管弦楽団