レイヤー効果→ブレンド条件で透けさせる

  • 日時:2011年7月2日 12時半~18時15分
  • 場所:ラフォーレミュージアム六本木

デジタルフォト&デザインセミナー 2011 に行ってきました。
カメラ、3D、動画。さまざまな視点で、
先端の専門家のみなさんが、具体的な実践をお聞かせくださいました。

Photoshop
  • コンテンツに応じた塗りつぶし画像の縁取りを暗くする(または明るくする
    • フィルタメニュー→レンズ補正→カスタム→周辺光量補正
  • コンテンツに応じた塗りつぶし
    • 編集メニュー→塗りつぶし→コンテンツに応じる
  • パペットワープする自由の女神パペットワープ
    説明ページ1

    • 編集メニュー→パペットワープ
    • 補正(小顔、細い首・・・)、変形(変形曲げる・・・)
  • 不要な人物を消す
    1. 三脚でカメラを固定し、時間を変えて撮影(最低何枚?)
    2. ファイルメニュー→スクリプト→ファイルをレイヤーとして読み込み
    3. レイヤーすべてを選択→レイヤーメニュー→スマートオブジェクト→画像のスタック→中央値
    • 効能:人気のない新宿や観光客のいない清水寺などのできあがり
  • iPadと連携
    • 編集メニュー→リモート接続
    • iPadアプリケーション(Adobe EazelAdobe Color LavaAdobe NAV)と連携して操作を行うことができる
    • 補足:Adobe CS5(バージョン12.0.4以上)にアップデートしておくこと
  • スマートオブジェクトにすれば、パペットワープの後も文字を編集できますスマートオブジェクトを入れ子にする
    • 横書き文字ツール→スマートオブジェクトに変換→フィルターとレイヤー効果→スマートオブジェクトに変換→編集メニュー→パペットワープ
    • 編集する場合:ダブルクリック→(フィルターやレイヤー効果の編集)→ダブルクリック→(文字の編集)→保存してスマートオブジェクトをたたむ→保存してスマートオブジェクトをたたむ
    • 効能:変形した後であっても、Photoshopの文字は編集し直せる。
    • 補足:大きく変形してから、文字や効果の編集をし直すと、形が崩れる場合がある。
  • 効果をコピーする
    • 効果のついたスマートオブジェクトレイヤーをコピー→効果のみ、片方のレイヤーにコピー→もう片方のレイヤーを削除
    • 効能:デモンストレーションで、スマートに、複数のパターンを見せることができ、かつ、ファイルを重くしない
  • 自然な影をつくる
    • トーンの保護
  • 幻想的に透ける幻想的に透ける
    • レイヤー効果→ブレンド条件→このレイヤー→Altキーを押しながら右端のスライダーを左方向にドラッグ
    • (ポットに影をつけるとさらによいですね)
  • 普通の画像をCamera Rawで開き、自然な明るさにする
  • いいとこどりで1枚にする
    1. ファイルメニュー→スクリプト→ファイルをレイヤーとして読み込み
    2. レイヤーすべてを選択→編集メニュー→レイヤーを自動合成→(画像をスタックにチェック)→OK
    • たとえば接写で、ピント部位の異なる複数の画像から、ピントの合う部分をピックアップして、1枚の画像に合成する
  • 光をより強く
    • 光のレイヤーをコピーし、スクリーンモードで重ねる
  • 境界線を調整
    • 不要なカラーの除去:合成時、元背景の色を残さないようにするため
    • 50%くらいで行い、必要に応じて70%くらいまで
モニター(ブース)
  • 高品位のモニター
    • プリンターやWebで出力される色を、ありのままに映すことができる。そのための設定が可能。
    • ただし、出力するプリンターやモニターの性能に依存する
  • 経年で再調整が必要
書籍(ブース)
  • Photoshop関連の本が定価より安かったですが、いただいたカタログなど大量の荷物があったため断念。
  • ブースでお勧めいただいた本は、デジタル版で買いました。(画像は教室のテーブルに置かれたiPad。指で広げて読めて便利です)
カメラ
  • 安いカメラと、高品位カメラとの違い。
    • センサーが大きいため、大きく伸ばしても、細部にわたってくっきりきれい。
    • 見たままの色をありのままに再現できる。
  • 講師(フォトグラファー:小林幹幸氏)いわく
    • 人間の目の能力を超えているのではないかと感じることがある。
    • 空気、風、匂いなど、その場の雰囲気を表現できる。
    • そこに自分がいるかのような存在感がある。
フォトレタッチとモーションレタッチ
  • フォトレタッチ
    • パペットワープ(Photoshop)
    • エンベロープ(Illustrator)
    • 境界線を調整
  • モーションレタッチ
    • 動画の場合は、動画用のソフトでレタッチする。(吹き出物、目の充血、毛穴、唇のテカリ、われあご、カギ鼻、肌のくすみ、化粧崩れなど)
    • 静止画として一枚ずつレタッチすると、ずれが生じてピヨピヨ動くので、Photoshopでは行わない。
3DソフトとPhotoshopとのコラボ
  • Autodesk 3ds Max
    1. 文字を3D化。(ここでは「TOKYO」)
    2. モデルを10人、別々にスタジオで撮影。
    3. Photoshopで個別に処理。(背景を削除するなど)
    4. 3Dソフト上で、モデル10人を、文字に合成。(文字-TOKYO-の上に座る、よりかかる、手を添えるなど)
    5. 文字を回転させてみる。どの角度がよいか。(どの角度でも、モデルは正面を向いている、かつ、自動で影が作成される)
    6. 3D画像を2Dで保存し、Photoshopで開く。
    7. ペラペラの2Dのモデルさんたちが、ペラペラに見えないように、最終処理をほどこす。
Agenda
  1. Photo Session
    • テーマ:「ライカデイズ 2011」
    • 講師:フォトグラファー 小林幹幸氏
    • 内容:お話→スライドショー→モデルさんの撮影会→お話→スライドショー
    • 感想:高額なカメラの価値がはじめて実感できました。写真に対する目を養いたいと思います。
  2. Retouch Session
    • テーマ:「HP Workstation と Adobe CS 5.5による写真と動画の最先端 レタッチテクニック」
    • 講師:フォートン株式会社 兼子研人氏、 レタッチャー toppy氏
    • 内容:フォトレタッチとモーションレタッチについて
    • 感想:デジタルの世界はめまぐるしく進化しているのだと、あらためて眩暈がしました。
  3. 3DCG Session
    • テーマ:「続・アイディアがビジュアルになる瞬間(とき)、Photoshop+Autodesk 3ds Maxでどのように作り上げるか」
    • 講師:有限会社クリーチャー 栗山和弥氏
    • 内容:3D画像作成ソフトとPhotoshopとのコラボレーション
    • 感想:ソフトはもちろんのことですが、クリエイターのひらめきがあって、はじめて作品が輝くのですね。
  4. Adobe Session
    • テーマ:「Photoshop Tips & Tdchniques」
    • 講師:Russell Brown & 遠藤悦郎氏
    • 内容:Photoshopの使い方を紹介
    • 感想:Russell Brownさんが、会場の澱んだ空気(失礼!)を吹き払ってくれました。Tipsも楽しかったです。