きょうは3回目のゴミ出し。夫と次男が出動。
結果は、320円(80kg)也。
まだまだ出るぜよ。

溜め込みのパターンがわかってきました。

  • 衣類:いつか着られるようになると信じて、処分できない
  • 本:読み終わって古くなっているのに、処分できない
  • 書類:終わっていて古くなっているのに、処分できない
  • パソコン関係(ハード、ソフト):使い終わって古くなっているのに、処分できない

キーワードは以下。

・ナゴリオシイ。
・ナツカシイ。
・モッタイナイ。
・アトデ ヤロウ。

モノが多いと、モノは生きない。
多すぎると、埋もれる(=死蔵)からだ。
おそらく、人が記憶できる持ち物の<数>はとても少ない。
持ち物が少なければ、覚えておける。探し出せる。=モノは生きる。

モノを生かすには、捨てることなのだ。
大切にしようと思ったら、捨てる。

捨ててから買う(0.1立方メートルのモノを買うならば、0.1立方メートル分を捨ててから)。
(タダだからと言って)キャンキャン喜んでもらわないこと!