姫(88歳義母)は「ゴックン」ができない(ことになっている)。
病院で、ジュースをひどくむせこんでしまったらしく、
以来、ひと月以上もの間、姫は何も口にしていない。
栄養分はすべて、点滴で補給している。

病室の他の患者さんがおいしそうに食べるのに、自分だけ何もない。
うらやましいよね。
食事を運ぶ看護士さんに
「すみませーん、すみませーん、わたしもくださーい」
とねだる。
看護士さんも困るよね。

わたしにも、
「小さくすれば、きっとだいじょうぶ」
などと言う。
気持ちはわかる。
人生から食事を取ったら、何が残るんだろう。

きのう「水」を乞われ、「(看護士さんに)聞いてみてくれないか」と。
だめもとで、聞いてみたよ。
看護士さん、
「スプーンで数滴くらいなら」
とのこと。
(うそー!)
(よかったね、姫!)
コップとスプーンをお借りして、ほうじ茶をいただいた。

「いい匂いでしょ~」
まっさきに、匂いをかがせてあげた。
ほうじ茶ってこんなにいいかおりだったかしら。

歯のあたりに、少し、スプーンで落とした。
「入ったよ~」
と姫。
姫の喉がゴックンと動くのがわかった。
また数滴、スプーンで落とした。

「(ちゃんと)入ったよ~」
と姫。
「(できたでしょ。だから)もっと喉の奥の方に入れて」
と頼まれたけれど、それは無理だよ、むせちゃうからね。

コップをかたづけにいくと、さきほどの看護士さんが
「どうでしたか?」
と。
「ゴックンできましたよ」
と言うと、先生に伝えておきますね、と言ってくれた。

もしかしたら少しずつ、飲んだり食べたりしてもいいことになるかも。
そうしたらおうちに帰れるかも?

そう思っていたら、病院の先生からきょう、電話があった。

「本当は(水などは)ダメなんですよ。
誤嚥があると、肺炎をおこす可能性があります。
医学的には避けた方がよいということ、承知しておいてください」
とのこと。

「喉の奥に入れないように、数滴ずつならいかがでしょうか」
「病室の他の方の食事を、とてもうらやましがるので」
「医学的にも病院としても推奨できないということ、承知の上で、
家族が十分に注意してあげるということでいかがでしょう」

病院の先生は、
「それでしたら(どうぞ)。お気持ちはよくわかりますから」
と言ってくださった。

姫が「ゴックン」できない原因は、はっきりしていない。
脳梗塞のせいかもしれない、ということのようだ。
じきに転院する予定(3か月以上同じ病院にとどまれない)なので、
もう一度調べてもらうかな。

案外、パクパク食べてもだいじょうぶかも。