飯島愛さんの死に寄せて
Narcissistic Extension(ナルシスティック・エクステンション)について書いたが、
さらに実例を記そうと思う。

Narcissistic Extension的、子どもの理想像(一例)
成績優秀(オール5、限定)
絶対服従
  • 話を聴くときは、両手をひざ。
    視線、まゆ、口元、指先など、動かさない。
    まゆをひそめる、口を曲げる、貧乏ゆすりをする、などしない。
  • お言葉ですがこう思います、学校でこう習いました、などの意見を一切言わない。
    親の言うことは絶対。 親が黒と言えば、黒。
  • 涙を流さない。こらえる様子を見せない
    殴られても、ののしられても、尊敬のまなざしで見つめ続ける。
  • 左の頬を殴られたら、
    「ありがとうございます。右の頬もどうかお願いいたします」
    と右の頬を差し出す。
絵に描いたような、仲むつまじい姉妹

互いに助け合い、世の模範たる姉妹愛を築く。当然、喧嘩をしてはいけない。

理想像にしたてるための手段
食事の時間を教育の時間にあてる

夕食時は、家族全員が揃うため、子どもを ”正しく導く” ための絶好のチャンス。

ご高話をたまわりながらの食事は、味がわからない。
残すことはゆるされないので、完食。

肉体的暴力
  • 殴る
  • 蹴る
  • 他人の目がある場合は、見えないところでつねりあげる
言葉の暴力
  • おまえのような成績の悪いヤツの保護者として、恥ずかしくて学校に行かれるか。
  • そんな成績で、部活をしたいだと?
  • 同じに育てているのに、どうしておまえだけ、そんなに馬鹿なんだ。
  • そんなこともわからないのか。
  • あんたさえいなければ。
  • あんたのせいで。
表情の暴力
  • 怒り、憎悪、さげすみの視線
  • ヒクヒクひきつるコメカミと口元
父母の連携

父親(Narcissistic Extension)の暴力や暴言に対して、
母親(Narcissistic Extensionではない)は

  • その場でかばわない。
  • 蔭でこっそりと、行うこともできたろうに
    抱きしめない、
    あなたはいい子よ、大好きよ、と言わない、
    守ってやれなくてごめんなさいね、と言わない。
  • その代わりに、
    あんたのせいで、わたしがひどい目にあう、と罵倒し、
    ヒステリックに泣きわめく。
子育てへの熱意

18時に帰宅し、夕食時の”訓示”を欠かさない。
父親が夕食の食卓に不在なのは、年に数回~十数回。

”子育て”に対する”責任感”が強く、”妥協”しない。
あきらめることなく、懸命に努力する。

「こんな馬鹿には言っても無駄だ。どうでもいいから勝手にしろ」
というような責任放棄をしない。(非常に立派)

父親の威厳

子どもらの前で、常に”完璧で絶対的存在”であり続ける。
したがって、以下のような姿をさらさない。(非常に立派)

  • 休日にパジャマ姿でゴロゴロ。
  • 飲みすぎて、千鳥足で帰宅。
  • 弱みを見せる。
  • つい本音が出る。
  • 子どもに対し非を認め、あやまる。
子どもは望みどおりに育ったか
  • 片方はオール5で、現役で国立大と東京六大学に合格。
    かつ、品行方正に育つ。
  • 一方は、成績不良、素行不良のろくでもないものになる。
    生まれつき粗悪品だったのが原因であり、育てた両親の責任ではない(とのこと)。
子どもに与える影響
  • 毎晩のように怖い夢を見て、深夜、自分の泣き声で目を覚ます。
  • 自分が死ねば、家族、親戚、近所、学校一同、心から安堵し、喜ぶのだと心から信じている。
  • その他、与える影響ははかりしれない。
補足

以上は、わたし自身の過去の一部です。

自分なりに努力をしましたが、
最後まで、”理想の子ども像” にはなれませんでした。
おそらく10%も、希望に沿えなかったように思います。
そして、受け入れられることはありませんでした。

殴られるのは、いつもわたしでした。
「(わたしたちは注意を払い、身を守っているのに、どうしてあなたにはできないの?)
殴られそうだなと察しなさい。ばかね」
と母は言いました。
でも、わたしには察することはできませんでした。

殴られた理由は、理解できないことが多かったです。
理解できないため、改善できず、
同じ”失敗”をくりかえしました。
理解できないのは、自分が馬鹿だからだと考えました。
親が悪いとは考えませんでした。

  • 子どもに伝える能力、
  • 子どもが正しく理解したかどうかを把握する洞察力、
  • 子どもを導く手段と方向の選択、
  • 子どもとの距離のとり方、
  • 子どもの愛し方(注)、などなど

(注) すべての子どもたちには、無条件な愛が必要だそうです。 無条件な愛とは、なんの判断も批判もくわえず、そのまま愛することです。

問題ありなのは、親の方かと思われます。
が、
親に非があるかもしれないなどとは露とも思わず、
わたしなんかが生きていて本当にごめんなさい。
そう思っていました。

子どもですから、いつもそう思っていたわけではありません。
無邪気に笑ったり、遊んだりすることもありました。

バファリンを2~3シートだと思いますが、飲んだのは中学生のときです。
夜中に吐き戻し、朝は普通に目覚め、普通に学校に行きました。

”今”はどうなのか
父母

父も母も、(昔と比較すれば)別人のようにおだやかで、
また、わたしに理想を押しつけることはほとんどありません。

父と母、それぞれの育ち方は、
わたし以上に壮絶なものがあります。

父と母のことを尊敬し、愛しています。
ケンカすることもありますが、仲良くしています。

わたし

ナルシスティック・エクステンションがなければ、今のわたしは存在しません。

  • ハングリーなこと。
  • 妥協しないこと。
  • 究極に束縛された状態から、一気に解き放ったため、
    考え方、生き方など、どこにも基点がなく、完全に自由なこと。
  • 自分で自分をプロデュースし、
    ゼロから、価値観念、進む道を構築できたこと。

ただし、年を重ねるごとに、そうでもないということに気づきます。
わたしは、両親の生き方、考え方に、強い影響を受けています。

さまざまな情報をニュートラルな立場で入手し
その中から自由に選択しているつもりが、
実際は、
父母から与えられた情報が、わたしの中で大きなウェイトを占めているのです。

苦々しく感じることはありません。
おもしろいなと思います。

モチベーションの原動力

父母にほめてもらいたいという思いが、いまだに
モチベーションの大きな原動力となっています。

先日見た映画「母のいる場所」で、
主人公(泉)が兄?に
「おかあさんにほめられたくてがんばってきたのに、(死んだら?)イヤよ!
何のために努力したかわからないじゃない!」
というようなことを、叫んでいました。

泉の母親もまた、
ナルシスティック・エクステンション もしくはそれに近かったのでしょうか。

こころの問題

普通に社会生活をしているように見えますし、
むしろ、人並みを抜きん出て、明るくエネルギッシュで仕事熱心のように
見ていただいているように存じます。

しかしながら、こころは病んでいます。
一生、この病とつきあっていかなければならないことでしょう。

自殺願望は多かれ少なかれ、いつもあります。
このブログは、遺書のつもりでスタートし、遺書のつもりで続けています。

亡くなるのはきょうかもしれませんし、
100歳になっても、エネルギッシュに生きているかもしれません。

子育てとは
親の個性、子の個性
  1. 世界中の子どもたちが、”教科書?どおり”に”正しく?”育てられる
  2. それぞれの親たちが不完全なままに、子どもを育てる

どちらを選択するかと言えば、後者だ。
子育ては、それぞれの親の個性であり、”結果”もまた子の個性。

完全な親は存在しない。
完全な子育ては存在しないし、存在してはいけない。

みんなちがって、みんないい

子どものころから、考え続けていたことがある。

  • ”よい子”とはなにか。
  • 生まれつきの ”欠陥品” は存在するのか。
  • 育て方に ”教科書” はあるのか。 ”まちがい” はあるのか。
  • ”できそこない” は存在するのか。
  • ”わたし” は生まれてきてはいけなかったのか。
  • ”わたし” はできそこないか。

そう、自分に問い続けてきた。

身体的障害、知的障害、心の障害など、障害を持って生まれてきた子はどうなのか。
ヤクザの家に生まれ、ヤクザとしての価値観を身につけ、ヤクザとして生き、ヤクザとして死んでいく人生はどうなのか。
狼に育てられた少女はどうなのか。

長い間ずっと考えて、導いた答えは、こうだ。

  • ”行い”の中には、
    客観的に、誰がどう見ても、
    ”それはよくない” と判断されるものがあるだろう。
    たとえば、法を犯すこと、人の道に反することは、一般的によくない行いとされるだろう。
  • しかし、
    人として全体を見た場合、
    人はひとしく、よくもない。悪くもない。

人生の中で、
”悪いとされる行い”ばかりの時期があるかもしれない。
もしかしたら、一生、
”悪いとされる行い”ばかりに手を染めている場合もあるかもしれない。
それでも、
人として全体を見た場合、よい悪いの判断を下すことは誰にもできない。
神にも仏にもお天道さまにもできない。

それがわたしの結論だ。

説明の言葉が足りないと思われ、
不消化に感じる方がいたら申し訳ない・・・。

親の個性、子の個性、どちらにも正解はない。
みんなちがって、みんないい

心が元気なときは、そう考えている。